Yostarが「VICON」導入のモーキャプスタジオ設立 楠栞桜の3Dお披露目に技術協力も

未分類
この記事は約2分で読めます。

Yostarが、モーションキャプチャーシステム「VICON」を導入したモーションキャプチャースタジオを設立しました。また、6月20日(土)にスタジオを利用し、VTuberの楠栞桜さんによる「楠栞桜3Dお披露会」に技術協力したことも発表しています。

Yostarはモーションキャプチャースタジオの設立にともなって、3Dモーションキャプチャーシステムの開発をYostar Picturesにて実施。このシステムにより、リアルタイムで3Dモデルの表情を切り替える機能の他、髪の毛や衣装の物理演算、エフェクトの実装などが行えるとのこと。

【3Dお披露目】いっぱい動く私を見て!!【#楠栞桜3Dお披露目会】
たくさんたくさん、 多くの人に協力してもらってここまでこれました! 本当にいつもみんなありがとう!! プレゼントもあるかも・x・* ツイッタータグ↓ #楠栞桜3Dお披露目会 放送後、各クレジット記載します! ____________________ ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄...

Yostarは日本でソーシャルゲームの運営を展開しており、これまで「アズールレーン」「アークナイツ」「雀魂」などのゲームを手がけています。また、VTuberとのタイアップ企画の実施やゲーム公式番組、大会なども開催してきました。

今回Yostarが3Dお披露目配信に技術協力した楠栞桜さんは、VTuberの天開司さんと共に、「雀魂」公式YouTubeチャンネルで放送中の麻雀エンタメ番組「てん×くす」に出演しています。また、「雀魂」の「エンタメ業界対抗戦」や「一周年大感謝杯」にもMCや選手として登場しました。

(C)2017-2019 Yostar, Inc. All rights reserved.

(参考)プレスリリース

タイトルとURLをコピーしました