アマゾン、新型コロナ対策にAR活用 オープンソース化も予定

未分類
この記事は約2分で読めます。

新型コロナウィルスの感染拡大防止のため、人と人の間で6フィート(約1.82m)の距離を保つことが推奨されています。AmazonはARやAI(人工知能)を用いて、この距離を可視化するシステムを開発しました。社員の安全を守るために活用されており、オープンソース化も予定されています。

社員の反応は良好

Amazonが開発した「Distance Assistance」は、機械学習やARを組み合わせたソフトウェアです。モニターに映る人それぞれの足元には、社会的距離を示す緑色の円が描かれます。互いに近づき円が重なると、色が緑から赤に変化し、適切な距離が保てていないことを警告します。相手と離れれば、円の色は再び緑色に戻ります。

「Distance Assistance」に必要な機器は、50インチのモニター、カメラ、PCというシンプルな内容。電源さえあれば社内や倉庫のどこにでも設置できるようにしています。

Amazon introduces "Distance Assistant"
Learn more: Visit Amazon's Day One Blog: Find us ...

Amazonはまず社内の一部にこのシステムを導入しましたが、社員の反応が良好なため、今後設置箇所を増やすとしています。さらに、システムに用いるソフトウェアはオープンソース化を予定。他社でも自由に採用できるようにします。

グーグルやSnapからも

社会的距離の可視化については、グーグルやスナップチャットもアプリ、ARフィルターを提供しています。

グーグルはダウンロード不要のARアプリで"物理的距離"を保つ | Mogura VR

グーグルはダウンロード不要のARアプリで"物理的距離"を保つ | Mogura VR

MoguraVR

「社会的距離」をARで確保 スナップチャットがWHOと提携して配信 | Mogura VR

「社会的距離」をARで確保 スナップチャットがWHOと提携して配信 | Mogura VR

MoguraVR

新型コロナで重要な「社会的距離」をARで可視化 | Mogura VR

新型コロナで重要な「社会的距離」をARで可視化 | Mogura VR

MoguraVR

(参考)The Amazon blogPCMag

タイトルとURLをコピーしました