新型コロナで中止の音楽フェス、オンラインで開催。一部エリアをVRに

未分類
この記事は約2分で読めます。

新型コロナウイルスの影響によって中止された、世界最大の音楽フェス「グラストンベリー・フェスティバル」。このフェスの一部エリアが、VRを活用したオンラインイベント「Lost Horizon」として開催されることが告知されました。

VRでアート作品展示やライブを開催

今回VRで開催されるのは「シャングリラ」エリアの催しです。これは「グラストンベリー・フェスティバル」の会場に例年設けられているエリアです。VR版となる「Lost Horizon」には、60人以上のクリエイターによって制作された200種類を超えるアート作品と、多くのライブパフォーマンスが行われるとのこと。“Gas Tower”など、過去のシャングリラで登場したアトラクションも会場内に設置されます。

「Lost Horizon」の開催期間は、2020年7月3日から7月4日まで。会場は、VRプラットフォーム「Sansar」に設置され、(非VRの)PCや携帯端末からも参加可能。本イベントで発生した収益は、すべてビッグイシューとアムネスティ・インターナショナルに寄付されます。

今回の「Lost Horizon」開催について、Sansar社の社長Sheri Bryant氏は以下のようにコメントしています。

「Lost Horizon」によって、我々は未来の――深く没入的な――音楽フェスティバルを提供します。同イベントはオンライン開催され、PCやスマートフォンを持つ人はだれでも参加できます。我々は、真に素晴らしい物を、先陣を切って作り上げるものであり、また、この歴史の1ページを刻むことを楽しみにしています。

キズナアイ ポーター・ロビンソン主催のオンライン音楽フェスに出演決定 | Mogura VR

キズナアイ ポーター・ロビンソン主催のオンライン音楽フェスに出演決定 | Mogura VR

MoguraVR

VR音楽プラットフォーム「Wave Beta」でライブ開催、収益はNPOに寄付 | Mogura VR

VR音楽プラットフォーム「Wave Beta」でライブ開催、収益はNPOに寄付 | Mogura VR

MoguraVR

(参考)VRScout

Mogura VRはVRScoutのパートナーメディアです。

タイトルとURLをコピーしました