スーパーマーケットの展示イベントがバーチャル化 PCから会場へ

未分類
この記事は約2分で読めます。

2月12日~14日に開催された、全国スーパーマーケット協会主催の「第54回スーパーマーケット・トレードショー2020」の特別企画展Future Store“Now”を、360Channelがバーチャル展示会として公開しました。

本バーチャル展示会ではパソコンのブラウザからページを開き、画面をドラッグして展示会の空間を見渡すことが可能です。また、床面にある白い丸いアイコンに触れて視点を移動し、実際の展示場を歩いているようにイベント会場を見渡せます。

「地図をみる」のアイコンから会場全体の地図を見れるほか、地図や右側のシークバーから行きたい場所への移動もできます。

さらに、ブースの柱に表示されているインフォメーションアイコン(オレンジの「i」マーク)を押すと、商品やサービスの詳細説明がポップアップで表示されます。

バーチャル展示会の撮影・システム構築を担当した株式会社360Channelでは、イベント会場に実際におもむき、会場のブースとルートの距離を計測して、VRにした時に自然に空間移動ができるように設計・撮影。当日来場できなかった方にもイベントの良さや雰囲気、商品をVRにて体験してもらい、展示会における営業効果の拡大に寄与していくとのこと。

なお、本件ではPCブラウザのみ対応していますが、本システムはスマートフォンやVR端末での視聴できるようにプログラムすることも可能とのことです。

「Future Store“Now”」バーチャル展示会はこちら

(参考)株式会社360Channel プレスリリース

タイトルとURLをコピーしました