発達障害支援のVRプログラム、書店接客の仕事体験が配信

未分類
この記事は約1分で読めます。

VR教育ソリューションを提供する株式会社ジョリーグッドは、発達障害支援VRプログラム「emou(エモウ)」のお仕事体験シリーズ第1弾「書店の接客体験」を発売しました。

本シリーズは、さまざまな業種の仕事体験をVRコンテンツ化し、放課後等デイサービスや
就労移行支援施設で体験することで、職業ごとのやりがいや日常業務などを体験できるものです。

第1弾の「書店の接客体験」では、障害者雇用や就労支援に取り組んでいるイオングループのCD・DVD・書籍販売の専門店が撮影協力。レジでの接客体験やトラブル対応などに加え、店員同士のやりとりなどのソーシャルスキルトレーニングを行うことができます。今後は、接客時のトラブル対応や店長とのコミュニケーショントレーニングなど、選択肢を選ぶことでストーリーが変わるコンテンツなどを順次追加される予定です。

なお、emouをまだ導入していない施設を対象にした、お仕事体験VRコンテンツ先行体験キャンペーンが実施されます。VRゴーグルを無料レンタルでき、期間中はお仕事体験以外のコンテンツもご体験可能です。申し込みや問い合わせはこちら

(参考)株式会社ジョリーグッド プレスリリース

タイトルとURLをコピーしました