グーグルはダウンロード不要のARアプリで“物理的距離”を保つ

未分類
この記事は約2分で読めます。

グーグルは、Android向けARアプリ「Sodar」をリリースしました。アプリを起動すると、端末の周辺をカメラでチェック。2mの円を表示し、新型コロナウイルス対策に重要とされている「距離」を確保できます。


「Sodar」は「WebXR」を活用して制作されたアプリ。人が密集する場所などで、他者との距離を適切に調整することができます。アプリはAndroid端末でこちらのリンクにアクセスすることで使用可能。Webブラウザからそのまま使えるため、ソフトウェアのダウンロード等は必要ありません。

ARを新型コロナウィルス対策に活用する試みは、各方面で行われています。2020年4月初旬には、スマートフォン向けカメラアプリ「スナップチャット(Snapchat)」で、「ソーシャルディスタンス」確保を補助するARアプリ「My Social Distance」が登場。その先日には、USA TODAYが、「Flatten the Curve」(直訳:「曲線を平らにする」)という名のARコンテンツを公開しました。

Teamsと連携できるARヘッドセット、企業収益は35%増 カギは「ソーシャル・ディスタンス」 | Mogura VR

Teamsと連携できるARヘッドセット、企業収益は35%増 カギは「ソーシャル・ディスタンス」 | Mogura VR

MoguraVR

「社会的距離」をARで確保 スナップチャットがWHOと提携して配信 | Mogura VR

「社会的距離」をARで確保 スナップチャットがWHOと提携して配信 | Mogura VR

MoguraVR

(参考)9to5Google

タイトルとURLをコピーしました