「VR能 攻殻機動隊」チケット先行販売開始

未分類
この記事は約2分で読めます。

8月22日・23日に世田谷パブリックシアターで公開される能舞台「VR能 攻殻機動隊」のチケット先行販売が開始しました。チケット一般販売は6月20日(土)開始を予定しています。

「VR能」は最新技術を駆使し、VRメガネなしで仮想現実空間を再現した能舞台です。今回は日本が世界に誇るSF漫画の最高傑作である「攻殻機動隊」を能で表現しています。

演出担当は舞台「ペルソナ」シリーズや舞台版「攻殻機動隊ARISE」などを手がけた映画監督奥秀太郎さん。脚本はアニメ「攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX」や「BLOOD」シリーズなどの脚本を担当した藤咲淳一さんです。

そして映像技術は舞台版「攻殻機動隊ARISE」、3D能シリーズなどで3D映像を開発してきた福地健太郎教授、VR研究者の稲見昌彦教授が担当します。

攻殻機動隊」は近未来の電脳化社会を舞台に、架空の公安組織の活躍を描いた作品です。これまでテレビアニメ、劇場版アニメシリーズが制作されてきました。最新アニメとして2020年4月より「攻殻機動隊SAC_2045」が配信されています。

「VR能 攻殻機動隊」の概要

公演期間

2020年8月22日(土)〜23日(日)

会場

世田谷パブリックシアター

原作

士郎正宗「攻殻機動隊」(講談社KCデラックス刊)

出演

坂口貴信
川口晃平
谷本健吾 他
観世流能楽師

制作陣

演出:奥秀太郎
脚本:藤咲淳一
3D技術:福地健太郎(明治大学教授)
VR技術:稲見昌彦(東京大学教授)
プロデューサー:神保由香 盛裕花
製作:VR能攻殻機動隊製作委員会

公式サイト(チケット販売)

VR能 攻殻機動隊 - VR Noh 'THE GHOST IN THE SHELL'
伝統を超えた電脳の世界へ—

(参考)「VR能 攻殻機動隊」公式サイト

タイトルとURLをコピーしました