バーチャル空間デザインアワード「VRAA02」がVRChatで開催

未分類
この記事は約3分で読めます。

2019年に引き続き、バーチャル空間デザインアワード「VRAA02(Virtual Reality Architecture Award)」の開催が発表されました。

「VRAA」は、人類の生き方や楽しみ方をアップデートするVR空間=ワールドを幅広く募集するデザインアワードです。2019年に開催された「VRAA01」では、「バーチャル/コミュニケーション」をテーマに総計79点のVRワールド作品が応募されました。

今回もソーシャルVR「VRChat」を主な舞台とし、VRクリエイターによるバーチャルが切り開く新たな空間体験を幅広く募集するとのこと。募集テーマは「LIVE / FRONTIER」。また、本年は「XRクリエイティブアワード」と併催となっており、授賞式イベントは合同でオンライン上にて行われる予定です。

審査員には、ハコスコ代表取締役の藤井直敬さん、SIE インディーズイニシアチブ代表の吉田修平さん、建築家・noiz共同主宰の豊田啓介さん、VTuber(バーチャルユーチューバー)の届木ウカさんが参加します。

登録・提出受付は5月31日(日)~7月15日(水)23:59まで。授賞式は8月末を予定しています。

前回の記事はこちら。

VR空間デザイナーたちの作品が勢ぞろい!「VRAA01」コンテスト授賞式が開催 | Mogura VR

VR空間デザイナーたちの作品が勢ぞろい!「VRAA01」コンテスト授賞式が開催 | Mogura VR

MoguraVR

VRAA02概要

VRAA02 募集テーマ

LIVE / FRONTIER

審査員

藤井直敬(XRコンソーシアム代表理事、ハコスコ代表取締役、デジタルハリウッド大学教授)
吉田修平(XRコンソーシアム理事、ソニーインタラクティブエンタテインメント インディーズイニシアチブ代表)
豊田啓介(建築家、noiz共同主宰、gluon共同主宰)
届木ウカ(バーチャルドール、3Dモデラー、AI×SFプロジェクトサポーター)
and more…?

審査方法

運営による一次審査でファイナリスト最大10作品を選定後、審査員による二次審査を行い受賞作品を決定。すべての審査は原則VRにて行うとのこと。

審査対象

VRChatワールド(PCビルドのみ)+提出フォーム内容

賞 ※予定

大賞(1作品、賞金5万円)
審査員賞(5作品、各賞金2万円)

スケジュール

登録・提出受付 2020年5月31日(日)~7月15日(水)23:59まで
一次審査・ポータルワールド一次OPEN 7月下旬(予定)
一次審査結果発表 8月上旬(予定)
二次審査 8月上旬
二次審査結果発表(授賞式) 8月末(詳細は後日お知らせします)
ポータルワールド二次OPEN 9月上旬(予定)

提出方法

詳細は公式サイトにて。

運営

VRAA運営委員会

VRAA02 公式サイト

vraa.jp

(参考)VRAA02 公式サイト

タイトルとURLをコピーしました