ドコモ・ソニー・エムスリーが医療におけるVR/AR活用で協業へ

未分類
この記事は約2分で読めます。

株式会社NTTドコモ、ソニー株式会社、エムスリー株式会社は、医療機関・患者向けのICTやIoTの活用において協業検討することを発表しました。第1弾として、VR/ARなどを活用した入院患者のバーチャル外出支援のトライアルから開始します。

昨今の新型コロナウイルス感染拡大の影響で、通信事業を展開するドコモと、医療領域でのIT活用を推進してきたエムスリー、IoTやVR/ARに関する技術を有するソニーは共同で医療領域における課題に対して、ICTやIoTを活用した協業に向け検討することに合意しました。

病室からバーチャル旅行や家族と面会

本協業検討の第1弾として実施されるバーチャル外出支援のトライアルでは、病室でVRゴーグルを使用することで周囲に360度の旅行映像が表示され、外出しているような体験をできるプログラムや、ARで仮想キャラクターとインタラクティブなコミュニケーションが取れるレクリエーションプログラムの検討を行います。

また、新型コロナウイルスの感染防止のため直接家族と会うことができない状況でも、VRゴーグルに家族の映像をリアルタイムで映し出すことで、家族と一緒にいるような「バーチャル面会システム」の検討も行うとしています。本取り組みは、千葉県千葉リハビリテーションセンターでのトライアルから開始されます。

なお、今後は新型コロナウイルス感染患者の遠隔問診やモニタリング、遠隔での患者家族向けの治療説明やインフォームド・コンセント、遠隔でのセカンドオピニオンの実現など、医師と患者のコミュニケーションへの活用も視野に、幅広い課題解決を検討していく予定とのことです。

(参考)エムスリー株式会社 プレスリリース

タイトルとURLをコピーしました