2025年以降、VRゲームは“クラウドゲーミング”が主流になるかもしれない?

#ホロの試練
この記事は約2分で読めます。

ゲーム配信プラットフォーム「Facebook Gaming」のVPであり、Oculusでコンテンツ部門のトップを務めていたジェイソン・ルービン氏が、Oculus系VRヘッドセットを使用したクラウドゲーミングの可能性についてコメント。注目を集めています。

ルービン氏のコメントは、海外メディアProtocolのインタビュー内で行われました。同氏によれば、“Oculusクラウドゲーミング”の実現は、2025年以降になるものの導入自体は可能とのこと。

またルービン氏は、AAAレベルのグラフィックを実現するには一体型VRヘッドセットのチップセットでは不十分と見ており、長期的にはクラウドゲーミングが“限界”を突破するためのソリューションになると予想しています。

(AAAレベルのグラフィック)は、一体型VRヘッドセットでは実現できません。バッテリーで稼働し、冷却が非常に大切なモバイル端末でそういったゲームがプレイできないのと同じです。ヘッドセットを高性能なPCに接続すれば(AAAゲームを)楽しめますが、本体のプロセッサでは不可能なのです。

フェイスブックは"VRリモートワーク"の拡充に着手した | Mogura VR

フェイスブックは"VRリモートワーク"の拡充に着手した | Mogura VR

MoguraVR

フェイスブックの決算は、VRが広告外収益を牽引している | Mogura VR

フェイスブックの決算は、VRが広告外収益を牽引している | Mogura VR

MoguraVR

(参考)UploadVR

タイトルとURLをコピーしました