仮想世界ambrに六本木のスタンディングバーのVR店舗オープン

未分類
この記事は約3分で読めます。

5月25日(月)VR SNS「仮想世界ambr」内にて、六本木のスタンディングバー「awabar」のVR店舗「awabar.vr」がオープンします。

awaba.vr」は、新型コロナウイルスの影響で外出自粛が続く中でも、多人数で集まれるVR飲み会空間です。VRデバイスを通じて無料でアクセスでき、アバターとなって友達や知らない人と一緒に過ごせます。バーチャルなドリンク、フード、おもちゃが用意され、現実のバーとは違った新しい雰囲気を楽しめるとのこと。

またIT経営者や起業家たちが集う場となった現実の「awabar」と同様に、新しい時代を創る人たちが集う場となることを目指してしているそうです。

仮想世界ambr」は誰もが好きなアバターになって集まり、自由にコミュニケーションを楽しめるSNSVR。2020年5月25日(月)にオープンアクセス(β)を予定しています。今回のオープンにあたって「awabar」の小笠原オーナー、「仮想世界ambr」の西村CEOがコメントしています。

<awabarオーナー 小笠原氏からのコメント>
Web会議方式でのawabar.online企画を進めていましたが、まさかambrへのawabar.vr出店が先に実現するとは思っていませんでした。どちらも実現のきっかけはCOVID-19による自粛がありますが、1年前に西村さんと雑談したVR店舗のアイディアが先でしたので当然の結果かもしれません。ただ、それを実現していただいたambrチームのみなさんの集中力やスピード感に感動しています。
これからwithコロナな時代を悲観しすぎず、楽しみを見つけながら、より良く生きることが大事です。ambrはその楽しみに満ちた世界だから、(VRなのに)awabarが相変わらず小さな小さな立ち飲み屋でも、新たな出会いの場として楽しみのひとつになれそうな予感がします。
僕も11年前にawabar 六本木を立ち上げたころのように、大好きなゲストをawabar.vrへ連れて(VRデバイスを被せて)飲みに行ってみようと思います。さすがに昔みたいには毎日は無理ですが。

<ambr CEO 西村からのコメント>
小笠原さんは、僕たちが狭い住宅用アパートの一室で開発を進めていた頃に、Twitterでご連絡いただき遊びにきてくださいました。その際にawabarのVR店の話を冗談まじりにしていただいたのを覚えています。そして今、新型コロナウイルスが蔓延し、みんながリアルに集まって楽しむことが以前より難しくなってしまいました。その中で、仮想世界が人と人が繋がれるような場として、新しい居場所としての役割を果たせるのではないかと考えており、現実世界でその役割を果たしてきたawabarと小笠原さんに、今回awabar.vrをご提案させていただきました。awabarは、新しい時代を創る人たちが集まる場だと思います。awabar.vrもそういった場になれれば嬉しく思っています。VRで普段遊んでいる方々はもちろん、IT業界の皆様もぜひ仮想世界やVR飲みを体験しに遊びに来てください。

アバターで交流できるVRSNS「ambr」オープンアクセス (β)開始 | Mogura VR

アバターで交流できるVRSNS「ambr」オープンアクセス (β)開始 | Mogura VR

MoguraVR

(参考)プレスリリース

タイトルとURLをコピーしました