Epic Gamesの「UE5」、PC向けVR対応が明らかに

未分類
この記事は約2分で読めます。

Epic Gamesは、新ゲームエンジン「Unreal Engine 5(UE5)」がPC向けVRをサポートすると明らかにしました。映画品質のデータの直接インポート、高精度のライティング技術といった特長をVRでフル活用できます。

2つの新たなコア技術

2020年5月、Epic GamesはUE5を発表、次世代ゲーム機「PlayStation 5(プレイステーション5、PS5) 」で動作させたリアルタイムデモ映像「Lumen in the Land of Nanite」を公開しました。

UE5で利用可能になるのは、2つの新しいコア技術「Nanite」と「Lumen」。Naniteは“仮想化マイクロポリゴンジオメトリ”と呼ばれる技術で、数億から数十億ポリゴンの映画品質のデータをUEに直接インポートできるようになります。

Lumenは“完全に動的なグローバルイルミネーションソリューション”と紹介されている技術です。たとえば、時間経過による太陽角度の変化や懐中電灯の点灯、天井に穴を開ける爆破などに対して、間接ライティングが適応的に変化します。

Unreal Engine 5 Feature Highlights | Next-Gen Real-Time Demo Running on PlayStation 5 (日本語字幕付き)
アンリアルエンジン5には、これまでにないリアルタイムコンピュータグラフィックスの技術が含まれています。 仮想化マイクロポリゴンジオメトリの Naniteにより、アーティストはポリカウントを気にすることなくビジュアルを作成できます。 そして、Lumen を使用すると、完全に動的なグローバルイルミネーションで比類のな...

一体型ヘッドセットへの対応は?

冒頭の発表は同社CEO、Tim Sweeney氏がメディアCNETのインタビューに答えたものです。「もちろん、当社がお見せしている次世代のグラフィカル再現性、特にジオメトリといった技術はすべて、ハイエンドのPC向けVRに対応します。今VRについて特定のお知らせをするわけではありません。ただこの対応で、フォトリアリズムに向かって実に興味深い道が拓けていくと思います。ご存知の通りデバイスの解像度や他のシステムのパラメーターは改善しています。これから非常に面白くなっていくでしょう」とSweeney氏は話しました。

発言から気になるのは、Oculus Questといった一体型VRヘッドセットへのサポートです。Epic GamesのCTO、Kim Libreri氏はUE5がAndroidやiOSといったローパワーのプラットフォームに「コンテンツがあらゆるデバイスで動作するよう、解像度を下げることで」対応すると説明。Questの容量が64GBと128GBであることを考慮すると、グラフィックの維持といった新技術の恩恵をそのまま受けることは難しそうです。

UE5は2021年初頭にプレビュー版が公開、2021年後半にはフルリリースを予定しています。

(参考)UploadVR

タイトルとURLをコピーしました