小売業界向けにVRサービスを提供 伊スタートアップinVRsionが300万ユーロを調達

未分類
この記事は約2分で読めます。

小売業界にサービスを提供するVRのスタートアップ、inVRsionが300万ユーロを調達しました。これにより、これまで調達した総額は450万ユーロとなります。

2015年に設立されたinVRsionは、小売スペース、ショールーム、製品、ショッピング体験のVRシミュレーションに特化した会社です。高精細なバーチャル店舗を再現し、ユーザーの動向をヒートマップなどで追跡します。

inVRsionの専用ソフトウェアShelfZoneは、、貿易関連のマーケティング交渉、買い物客の調査や研修などのB2Bアクティビティー、更にVRのイーコマースなどのB2Cアクティビティに利用できるとのこと。

ShelfZone® User Journey by inVRsion
ShelfZone® is an easy-to-use SaaS solution to create stunning VR retail simulations. The software is made of a web application to create any retail project (...

今回の新しい資金調達ラウンドには、Mainardo de Nardis(起業家およびOmnicom Groupの元CEO)や様々な投資家や著名人を含むアドバイザーが参加しました。

現在、コロナウイルスによる被害を削減するために、inVRsionはファッションおよび高級ブランドにおけるB2Bレベルでの流通や販売過程の効率化にも取り組んでいます。

inVRsionのCOOであるFabrizio Dini氏によると、3D技術を活用することにより商品の詳細、色、素材、仕上げをより的確に表示します。3D販売は、イーコマースのウェブサイトやVR & ARアプリケーションでの製品の視覚化の新しい基準となるでしょう。

(参考)EU-Startups

タイトルとURLをコピーしました