国立がん研究センターにVR導入、ベテラン医師の技術学ぶ

未分類
この記事は約1分で読めます。

千葉の国立がん研究センター東病院に、医療向けVRライブ配信システム「オペクラウドVR」が導入されました。本システムの導入により手術室の人数制限問題を解消、見学が困難であった治療現場での観察・研修を実現します。

医療機器開発研究者向けにVR臨床現場観察を提供開始へ

「オペクラウドVR」は熟練医師の手技をはじめ、治療現場にいる専門スタッフの視野を360度カメラで配信できるソリューションです。撮影データのクラウド保存も可能となっており、動画は医師や看護師の教育、学会でのセミナーにも活用可能です。

また、東病院の医療機器開発センターでは、医療機器開発を目指す企業や研究者向けに臨床現場体験を提供することを目的として、実際に行われているがん治療手術を、執刀医目線の360度VR体験でリアルタイム配信するサービスを開始します。

(参考)株式会社ジョリーグッド プレスリリース

タイトルとURLをコピーしました