VR開発のSynamon、KDDIに技術提供 バーチャル空間を活用した体験ツアー

未分類
この記事は約1分で読めます。

VR/AR開発などを手掛ける株式会社Synamonは、KDDI株式会社が5月15日から開始する5Gビジネスの開発拠点「KDDI DIGITAL GATE」に技術提供を行いました。同社のVRサービス「NEUTRANS BIZ」で東京・虎ノ門の施設を再現、バーチャル空間を活用して施設案内を行います。

どこからでも利用できるバーチャルツアー

今回「KDDI DIGITAL GATE」では、新型コロナウイルスの感染拡大の防止に加え、顧客があらゆる場所から施設を利用可能とするため、バーチャル空間を活用した体験ツアーを開始しました。

このバーチャルツアーはSynamonのVRサービス「NEUTRANS BIZ」を使用、バーチャル空間に虎ノ門の施設をそのまま再現。現実空間の参加者をWeb会議ツールでつなぎ、従来のツアーと同様の体験ができる、というもの。「KDDI DIGITAL GATE」ではこの試みを通して、オンラインでも顧客の課題解決や新規事業創出のサポートを行います。

(参考)株式会社Synamon プレスリリース

タイトルとURLをコピーしました