KDDIが「バーチャル渋谷」をオープン、リアル連動や自宅からのイベント参加も

未分類
この記事は約1分で読めます。

KDDI株式会社らが取り組む「渋谷5Gエンターテイメントプロジェクト」は、自宅からさまざまなイベントを開催/参加できる「バーチャル渋谷」を5月19日よりオープンします。

自宅からトークイベントやライブに参加できる

「バーチャル渋谷」は、自宅に居ながらアーティストのライブやアート展示、トークイベントなど「渋谷」らしいコンテンツを発信・体験できることをコンセプトとしています。先端テクノロジーとエンターテイメントを組み合わせることでバーチャルイベント会場と、リアルな渋谷の街と連携し同一コンテンツを表現するデジタルツイン(ミラーワールド)の2つの体験を提供します。

バーチャル渋谷には、バーチャルイベント会場においてクラスター株式会社が、デジタルツインにおいて株式会社Psychic VR Labが技術協力を行っています。

なお、5月19日には「バーチャル渋谷」上のスクランブル交差点にてオープニングイベントが開催。「攻殻機動隊 SAC_2045」を含む「攻殻機動隊」シリーズのファンが出演し、同シリーズの魅力を語ります。

(参考)KDDI株式会社 プレスリリース

タイトルとURLをコピーしました