【Oculus Quest】全身を動かしリズムを取るVRフィットネス「Audio Trip」リリース

未分類
この記事は約3分で読めます。

SteamOculus StoreViveportで配信中のVRフィットネス「Audio Trip」のOculus Quest版が5月8日にリリースされました。価格は税込1,990円、言語サポートは英語、中国語、フランス語、オランダ語の4種で、日本語は対象外となっています。

「Audio Trip」はアメリカのゲームスタジオ「Kinemotik Studios」制作によるVRフィットネスリズムゲーム。奥から流れてくる三角形状のノーツを左右のコントローラでキャッチし、リズムを取っていきます。特徴はプレイヤーの全身をフルに動かす必要のあるプレイスタイル。コントローラを指定方向に動かすだけでは取りにくいノーツが適時流れてくるため、肩や腰を使って特定のポーズを決めていく必要があります。

YouTube
YouTube でお気に入りの動画や音楽を楽しみ、オリジナルのコンテンツをアップロードして友だちや家族、世界中の人たちと共有しましょう。

決めるべきポーズは人型のお手本が示してくれるので、基本的にアドリブの対応はありません。ただ、全身をフルに動かすのもあって、プレイ中に消費される運動量はかなりのもの。VRを通した運動の人体への影響を研究する機関「Virtual Reality Institute of Health & Exercise」のテストによれば、性行為の2倍に及ぶカロリーを消費できるとのことです。

新作VRリズムゲームの運動量 性行為の2倍のカロリー消費 | Mogura VR

新作VRリズムゲームの運動量 性行為の2倍のカロリー消費 | Mogura VR

MoguraVR

さらに、楽曲の振り付けはKinemotik Studiosの共同設立者でプロダンサーの一面も持つAshley Cooper氏が担当。Lady Gaga、deadmau5、Skrillex、Zeddといったトップアーティストの楽曲が収録されています。視覚効果の和らぐ「コンフォートモード」、ダンサーと一緒に踊れる「ダンサーモード」、自分のペースで楽しめる「ノーフェイルモード」といったオプションも充実しています。

Quest版はケーブルレス仕様もあってより自由かつ快適に動けるようになり、運動不足解消のお供として活躍してくれる模様です。また、先行したPCVR版は執筆時点でも早期アクセス版ですが、Quest版はこれまでのアップデートで実施された変更、改善点が全て反映されたものになっているようです。新機能に関しても、他のプレイヤーと総合スコアで競い合えるリーダーボードを実装。このほか、先行したOculus Rift版とのクロスバイにも対応しているとのことです。

ソフトウェア概要

タイトル

Audio Trip

発売・開発元

Kinemotik Studios

プレイ人数

1人

価格(税込)

1,990円(Oculus Store

(参考)UploadVRVRFocus

タイトルとURLをコピーしました