HTCが企業向けVRプラットフォーム「Vive SynC」発表、年内は無償利用可

未分類
この記事は約2分で読めます。

4月30日、HTCはビジネス向けのVRソーシャルプラットフォーム「Vive SynC」を発表しました。同プラットフォームは最大30人まで同時利用できます。2020年5月時点ではHTC製のデバイス(HTC VIVE、VIVE Cosmosなど)のみに対応していますが、将来的には他社製のVRヘッドセットにも対応する予定です。

OneDriveをサポート、PDFも表示可能

「Vive SynC」は、「OneDrive」をサポートしており、PowerPointやPDFファイル、マーケティング用映像、3Dモデルなどを表示(展開)できます。ミーティングなどを記録するための音声録音機能や、3Dペンによるメモ書きが実装されているほか、ホストコントロール機能やセッションの録画機能の導入も計画中。3Dアセットの形式については、2020年5月現在、FBX、OBJファイル、Unity Asset Bundlesに対応しています。

Welcome to Vive Sync

「Vive SynC」の利用登録は、こちらから行えます。なお、HTCによれば、同プラットフォームは2020年末まで、すべての企業(規模問わず)に無償提供されるとのことです。

HTCとDMMがVIVEの魅力を広める"アンバサダー"募集、無料レンタルなど特典 | Mogura VR

HTCとDMMがVIVEの魅力を広める"アンバサダー"募集、無料レンタルなど特典 | Mogura VR

MoguraVR

HTC、企業向けにVRイベントスペースの提供を検討中 | Mogura VR

HTC、企業向けにVRイベントスペースの提供を検討中 | Mogura VR

MoguraVR

HTC VIVEシリーズ最新情報まとめ【2020年4月版】 | Mogura VR

HTC VIVEシリーズ最新情報まとめ【2020年4月版】 | Mogura VR

MoguraVR

(参考)Road to VR

Mogura VRはRoad to VRのパートナーメディアです。

タイトルとURLをコピーしました