国立科学博物館 貴重な剥製の非公開コレクションをVRで展示

未分類
この記事は約2分で読めます。

国立科学博物館は、貴重な剥製コレクションを自宅から楽めるVR博物館「THE WILDLIFE MUSEUM~ヨシモトコレクションVR~」を公開しました。Webブラウザでの閲覧やOculus Rift・Rift S、HTC VIVE、Oculus QuestといったVRヘッドセットで鑑賞可能です。

国立科学博物館では、ハワイの実業家の故ワトソンT.ヨシモト氏より寄贈された約400点の「ヨシモトコレクション」の一部を展示しています。その一方、上野に展示されていない剥製は、国立科学博物館筑波地区標本収蔵庫に収蔵され非公開となっていました。

今回、これらの非公開の剥製を自由に見学できるVR博物館が完成。外観はヨシモト氏が1992年に開館した私設博物館「WILDLIFE MUSEUM」のイメージを再現しているそうです。

建物内部には広大なバーチャル空間にたくさんの剥製が並び、実際の博物館の展示室では不可能なほど目前まで近寄って、好きな角度から動物たちの体を観察できます。

またヨシモト氏が博物館を作るまでの自伝的な物語など、剥製の世界を理解して楽しむための解説も充実しているとのこと。


(ナイトモードでの閲覧も可能)

今回公開される剥製は24体で、今後も順次新しい剥製を追加していくそうです。なお今回のVR空間には、Psychic VR Lab社のVRプラットフォーム「Styly」が利用されています。

配信先はこちら。
THE WILDLIFE MUSEUMウェブサイト

(参考)文化庁 プレスリリース

タイトルとURLをコピーしました