小田急 バーチャル電車「Satellite Train」公開 VR体験も可能

未分類
この記事は約2分で読めます。

WEB上でのバーチャルな電車への擬似乗車体験ができる「Satellite Train(サテライト トレイン)」が公開されました。VRヘッドセットを利用してのVR体験も可能です。

「Satellite Train」は、昨今の新型コロナウイルスの感染拡大防止を目的とした外出自粛に伴い、少なくなった“電車の時間”をバーチャルで体験してもらうために、株式会社小田急エージェンシーが開発。”電車の時間”を考え事や読書、気持ちの切り替えや休息など、自分の大切な時間として活用していた方々に、再びその時間を感じてもらえるスペースとなっています。

車内には広告スペースも設け、バーチャルの世界での交通広告の可能性を検証する他、新型コロナウイルスの感染予防につながる啓発・支援活動を行っている企業・団体などにはバーチャル車両の広告スペースを無償提供する予定です。また、車両を貸切車両としてカスタマイズできるサービスも提供予定とのこと。

Satellite Train 概要

開設日

2020年4月28日(火)

サイトURL

Satellite Train [ サテライト トレイン ]
外出自粛で少なくなってしまった電車で過ごす何気ない時間。大切だったあのひと時をバーチャルで過ごしてみませんか?車内の広告は誰でも掲載できますのでぜひお問い合わせください!

開発意図

電車で過ごした何気ない時間が大切だったことを改めて気づかせてくれる空間として、「電車のひと時をどんな時でも変わらず過ごしてもらいたい」という想いを込めて制作したとのこと。10年後の通勤電車をイメージし、バーチャルにおける交通広告の可能性についても検証を予定。

主なコンテンツ

[乗車体験]
架空の電車への擬似乗車
​・ワンクリックで乗車体験をスタート。
[VR体験]
VRヘッドセットの使用でVR体験が可能
​・ドア付近や座席など、好きな視点で360°の車内に没入が可能。
[無料広告出稿]
車内に無料で掲出可能
・ドア上、ドア横、マド上などへの掲出が可能 ※事前審査あり。

Twitter開設

公式アカウント@satellite_trainで最新情報を発信。

今後の計画

車窓を動的にするなどのバージョンアップを予定。

(参考)株式会社小田急エージェンシー プレスリリース

タイトルとURLをコピーしました