VR留学サービス、大学生・社会人に無料提供が決定

未分類
この記事は約2分で読めます。

VR英語トレーニングサービスを展開をするImmerse社は、新型コロナウイルスの影響で留学先から帰国、または留学キャンセルになった大学生・社会人を対象に、VR留学サービスを無料提供することを発表しました。募集人数は10名です。

VR留学サービスでは、Immerse社のVR空間にいるアバターを操作しながら一人称視点で学習できるプラットフォーム「immerse」を活用。対象者には、immerse留学スピーキングコース1ヶ月分(1回45分英会話×11回実施)が無料提供されます。

【immerse】VR英語トレーニングサンプル(日本語字幕)
VR英語トレーニングサービス「immerse」のサンプルレッスン動画です。 「①留学スピーキングコース」と「②パブリックスピーキング・プレゼンテーションコース」の2つのコースからランダムでレッスンを紹介しています。

本サービスでは、ファストフード店での注文やレストランでの店員とのやり取りなどをVR上で再現。通常の英会話レッスンでは再現できない海外のシチュエーションの中でアメリカ人講師から直接学習を受けることができます。

応募期間は4月27日から5月10日まで、申込みはこちら

申込概要

対象者

新型コロナウイルスの影響により英語圏の留学先から帰国した以下のエリアに自宅住所を持つ大学生もしくは社会人

対象エリア:東京、神奈川、千葉、埼玉の4都県

レッスン日時

2020年6月1日(月)〜24日(水)のうち、
月・水・金曜日:18:30〜19:15(合計11レッスン/月)

Webエントリー応募期間

4月27日(月)〜5月10日(日)

申込方法

エントリーフォームはこちら

必要環境

自宅にwifi接続環境があり、パソコンでの面談が可能な人

(参考)Immerse Inc. プレスリリース

タイトルとURLをコピーしました