ステルスサバイバルホラー「Follia: Dear Father」VR対応DLCを発表

未分類
この記事は約3分で読めます。

イタリアのインディーディベロッパーReal Game Machine制作のステルスサバイバルホラーゲーム「Follia: Dear Father」のVR対応ダウンロードコンテンツが発表されました。製品版と同じく、4月30日(※日本時間:5月1日)にSteamでリリースされます。対応ヘッドセットはHTC Viveのみ。他のヘッドセットへの対応に関しては不明です。

※動画閲覧注意!:過激な表現が多数含まれます。苦手な方、18歳未満の方はご遠慮ください。

Follia - Dear Father - Announcement Trailer
Follia – Dear Father is a stealth survival horror that captures the genre’s essence in the halls and rooms of a university campus. Marcus goes in search of h...

「Follia: Dear Father」は2016年、Steam Greenlightにてお披露目されて以降、長い年月に渡って制作が進められていたサバイバルホラーゲーム。プレイヤーは大学で働く両親を持つ若者マーカス・ピットとなり、謎の事件で死と恐怖に満ちあふれた世界へ変貌してしまったキャンパス内を進み、両親の行方を探しつつ、脱出を目指します。

一人称視点を採用しており、基本的に電力消耗の懸念が付きまとう懐中点灯を片手に教室などを探索し、アイテムを集めながら進めていきます。しかし、キャンパス内には禍々しい姿をした異形の者たちが徘徊。物音を立てれば、即座にマーカスへと襲い掛かってきます。しかも、キャンパス内は暗闇に覆われているため、どこから敵が出現するかも予測不能。そのため、なるべく物音を立てずの隠密行動(ステルス)が生き残るためのカギとなってきます。探索中に手に入る「バール」を始めとする近接武器があれば、迎え撃つこともできますが、あらかじめ戦術を練っておくことが重要。ステルス重視らしい、慎重な判断と最悪の可能性を見据えた計画が試される作りになっているようです。

PC(Windows)以外にもPlayStation 4、Xbox Oneの家庭用ゲーム機版が予定されており(販売:Destructive Creations)、PlayStation 4版はPlayStation VR(PSVR)に対応することも発表されています。当初は2019年内の発売が複数のスクリーンショットと共に予告されていましたが、2020年発売へと延期。4月30日、PC版先行の形でリリースとなります。

PlayStation 4、Xbox One版のリリース日は未定。また、PC版のダウンロードコンテンツが無料なのか、有料なのかについても執筆時点で不明となっており、判明はリリース当日となる模様です。なお、言語は英語、フランス語、イタリア語、ドイツ語、日本語の計12言語をサポート。そのことからPlayStation 4、Xbox One版の国内リリースも期待されますが、こちらも執筆時点では未定。当面の間は動向を見守る形となりそうです。

(参考)UploadVRFollia: Dear Father公式サイト

タイトルとURLをコピーしました