VRで笑顔に……職業体験や観光体験を提供する「SmileVRコンソーシアム」設立

未分類
この記事は約2分で読めます。

株式会社ジョリーグッドと和歌山県のテーマパーク「アドベンチャーワールド」は、VRで笑顔を創造する「SmileVRコンソーシアム」を設立しました。本コンソーシアムでは、主に社会的なハンディキャップを持った人々を対象に、VRテクノロジーによる職業体験や観光体験を提供、社会との架け橋になることを目指します。

SmileVRコンソーシアムは、国連サミットで採択された持続可能な開発目標(SDGs)の達成に向け、企業や研究機関の壁を超えた連携を行う共同体です。これまでジョリーグッドとアドベンチャーワールドは、新型コロナウイルスの影響で遊びに行けない障害支援施設の子供達に向け、動物を間近で見られる「VR動物園」を期間限定で無償提供しています。

本コンソーシアムでは、ハンディキャップを抱える方や外出が困難な人々を対象に、観光レジャー体験や職業体験などのVRコンテンツを通し、多彩な社会体験を提供して笑顔を創造する事業を複数展開していきます。

外出が困難な人に向けた「レクリエーションVR」

本コンソーシアムは第一弾として、外出することが困難な人々を対象に、国内外のさまざまな場所へのおでかけ体験ができる「レクリエーションVR」の提供を開始します。動物園や温泉などへの外出を体験をすることで、「外出の喜び」「記憶の喚起」「好きの発見」を提供します。

また提供コンテンツは、3ヶ月ごとに季節に応じたコンテンツが配信され、屋内にいながらVRを通してその時々の季節を感じられるとのことです。「レクリエーションVR」の価格は月額3万円。初期費用としてVRデバイス費(VRゴーグル3台、ダブレット1台)30万円が別途必要です。

なおSmileVRコンソーシアムでは、「VRで笑顔を創造する」をテーマにさまざまな企業と新しいSDGs事業を展開していくため、コンソーシアムメンバーを募集しています。詳細や問い合わせはこちら

(参考)株式会社ジョリーグッド プレスリリース

タイトルとURLをコピーしました