【PSVR】ゲームからアートまで無限に作れる「Dreams Universe」VR対応は“間近”

未分類
この記事は約3分で読めます。

2019年4月22日に早期アクセス版としてお披露目され、2020年2月14日に製品版リリースを果たしたPlayStation 4専用タイトル「Dreams Universe」。その開発を手掛けた「Media Molecule」の共同創業者Mark Healey氏が、自身のTwitterPlayStation VR(PSVR)への対応を実施するアップデートパッチが現在、リリース間近にあることを発表しました。

「Dreams Universe」は、「リトルビッグプラネット」シリーズ、「Tearaway ~はがれた世界の大冒険~」などを制作したMedia Moleculeの新作で、ゲームに限らず、アニメに音楽、3Dアート、キャラクターまで自由自在に作れてしまう、ゲームクリエイティブプラットフォームです。作成済みのゲームのシステムを自分の作品に取り込む機能も備わっており、全くの初心者でも簡単にゲームクリエイターとなれます。また、他のクリエイターが作成し、シェアしたゲームをプレイするのも可能。シングルプレイ用のストーリーモード「アートの夢」など、Media Molecule制作のコンテンツも収録されており、盛り沢山、かつ無限大に遊べる内容になっています。

進捗は最終段階

具体的にはバグ修正とローカライズ、QA(品質保証)の段階まで進んでいるとのこと。合わせてHealey氏は、件のアップデートパッチで実装される新コンテンツの一部を紹介する動画も投稿。

This ain’t no ordinary lava cookie!#MadeInDreams pic.twitter.com/vt7GRzRloQ

— Marcos (@marcoshealey) April 21, 2020

流れ落ちる溶岩と、それを池のように敷き詰めた場所へ落とすよう設定することで、波打つ表現が加わる様子が確認できます。ほかにも多くのコンテンツの追加が行われ、VRと非VRの両方に対応した仕様になる模様ですが、現段階では溶岩以外に関しては伏せられています。

また、リリース予定日も言及はできないが、”そう遠くないうちになることを祈っている”と、ユーザーからの質問に対してコメント。現在の進捗から、大体の要素や機能周りは完成し、磨きをかける段階にあるのは確実な模様で、今後、さらなる情報の発信があると思われます。気になる方はHealey氏のTwitterのほか、本作の最新情報などを発信しているindreams.meで動向をチェックしてみるといいかもしれません。

YouTube
YouTube でお気に入りの動画や音楽を楽しみ、オリジナルのコンテンツをアップロードして友だちや家族、世界中の人たちと共有しましょう。

MoguLiveではVTuberのえもこさん、もちひよこさん、ミディさんが「Dreams Universe」を使い、ゲーム作りに挑戦した記事も掲載中です。

VTuberがPS4でゲーム作りに挑戦!? クリエイター心をくすぐる「Dreams Universe」体験記 第1回 | Mogura VR

VTuberがPS4でゲーム作りに挑戦!? クリエイター心をくすぐる「Dreams Universe」体験記 第1回 | Mogura VR

MoguraVR

VTuberがPS4でゲーム作りに挑戦!? クリエイター心をくすぐる「Dreams Universe」体験記 第2回目 | Mogura VR

VTuberがPS4でゲーム作りに挑戦!? クリエイター心をくすぐる「Dreams Universe」体験記 第2回目 | Mogura VR

MoguraVR

VTuberがPS4でゲーム作りに挑戦!? クリエイター心をくすぐる「Dreams Universe」体験記 最終回 | Mogura VR

VTuberがPS4でゲーム作りに挑戦!? クリエイター心をくすぐる「Dreams Universe」体験記 最終回 | Mogura VR

MoguraVR

(参考)UploadVR

©2020 Sony Interactive Entertainment Europe. Developed by Media Molecule.

タイトルとURLをコピーしました