Mozilla、ブラウザでマルチプレイVRが体験できる「Hubs」オープンソース化へ

未分類
この記事は約2分で読めます。

ウェブブラウザFirefoxで知られるMozillaはブラウザでマルチプレイのVRを体験できる「Mozilla Hubs」を提供しています。近日、Mozillaは進化版といえるHubs Cloudを公開予定。Hubs Cloudは、誰でも任意のウェブサーバー上で仮想空間を提供できる、Hubsのオープンソース版です。

Mozilla HubsはMozilla社のウェブXRソーシャルアプリで、PCやVRヘッドセットを含むほとんどのデバイスからVR空間にアクセスできます。ウェブブラウザを介してURLだけでVR空間の参加や共有が出来ます。多数のソーシャルVRアプリはインターネット上に構築されていますが、ウェブ自体とは相互接続していません。一方、Hubsはウェブの一部です。

HubsをベースとするHubs Cloudはウェブの一部でありながら分散化されるため、使用する各ホストのニーズに合わせてカスタマイズが可能としています。Hubs Cloudは3D環境やアバターコミュニケーションツールを作成し、全てのコードを公開することを目指しています。

各ホストの独自のカスタマイズを促進するため、Mozillaは自分たちが特定の機能をHubsに組み込むことを避けています。Mozillaの共同創立者Fordor氏によると、「ユーザーのニーズに基づいて各自で機能の構築、又は既存のウェブ上ツールの活用による機能の性能向上に期待している」とのこと。

ソーシャルVRのサービスはVRChatやclusterなど様々なものが登場して人気を集めています。アクセスの手軽さが特長のブラウザベースのソーシャルVRの動向にも注目したいところです。

(参考)Road to VR

タイトルとURLをコピーしました