夫婦一緒にバーチャル活動!?「REALITY」配信者ちまさんの日常に迫る

未分類
この記事は約6分で読めます。

日々、多くの配信者たちが配信を繰り広げているバーチャルライブ配信アプリ「REALITY」。普段からどんな配信者たちが活動しているのか、アプリを使ってどういった企画を行っているのか気になるところ。

そこで今回は3月9日(月)から行われた「MoguLive掲載イベント」で、ランキング1位に輝いた、ちまさんにインタビュー。「REALITY」の自分なりの活用方法や、アプリの魅力、今後の目標などについてお聞きしました。

REALITY、「MoguLive」へのインタビュー掲載イベント開催 | Mogura VR

REALITY、「MoguLive」へのインタビュー掲載イベント開催 | Mogura VR

MoguraVR

「REALITY」配信者・ちまさんインタビュー

――自己紹介をお願いします。

ちま:

こんにちまっまっまっ! のんびりまったりマイペースに配信させていただいております。ちまと申します。主婦であることを公表しております。魚釣りが大好きで、釣り配信やお料理配信などをしております。よろしくお願い致します!

――まずは「MoguLive掲載イベント」1位おめでとうございます! イベント期間中に頑張ったことや印象に残っていることはありますか?

ちま:

多くのリスナーさんから応援のコメントをいただけて、そのひとつひとつが本当にありがたかったです。期間中は「日替わりちまさん」という企画を立てて、「ちまママ」というお母さんっぽく振る舞ったりする配信や、ひどかった寝言を暴露する配信、私のマニアックすぎるクイズを出題したりする配信をしていました。リスナーの方には楽しんでいただけたようで、本当に感謝しております。

――普段はどういった配信をされているのでしょうか?

ちま:

台所をつかったお料理配信が多いですね。ただその内容がちょっと変わっていて、お知り合いの猟師さんからいただいた食材を用いてジビエ料理をつくっているんです。「今日は何のお肉を使うでしょう?」とクイズを出して、答えはイノシシの肉だと発表したりしています。

それから魚を釣りによく海へと出かけるのですが、そこでも「REALITY」のアプリを立ち上げて、釣っている様子を実況しています。だから私の配信ではよく港の風の音やリールを巻く音が聞こえてきますね(笑)。

これはいつもの方から頂いた
イノシシ足の薫製( ˘ω˘ ) pic.twitter.com/6FR6sEpBcA

— ちま (@chimamama_okan) February 24, 2020

ぶるーちゃんの喜びに泣きながら魚捌きます。゚(゚´ω`゚)゚。
二人分の釣果です。゚(゚´ω`゚)゚。

メバル14匹とチヌ1匹
殆ど師匠の釣果ですが
頂きました… pic.twitter.com/aox72jOzLG

— ちま (@chimamama_okan) March 29, 2020

――おぉ…! ずいぶんユニークな配信をされていますね。

ちま:

おかげさまで釣りが好きな方が私の配信によく遊びに来てくださいます。釣った魚を調理するときも、そのさばき方を紹介していますね。「ヒレやエラはハサミで切っちゃいます」とか「包丁は〇〇を使っていますー」といった具合にやり方を説明していますね。

あああああ!!!
視覚と味の物理攻撃!!!!!

メバルのお刺身
メバルの肝醤油
メバルのアラのお味噌

優勝です…!!!!! pic.twitter.com/5A6ygcGNuH

— ちま (@chimamama_okan) March 25, 2020

――魚の料理配信と聞くと、YouTuberのきまぐれクックさんの料理動画を連想しました。

ちま:

きまぐれクックチャンネルご存知ですか!? 私も動画大好きなんです。よく、チャンネル投稿主の金子さんがビールをおいしそうに飲んでらっしゃいますが、私もそれに影響されて「のどごしちま」という言葉をつくって、よくお茶や飲み物をゴクゴク飲んでいます。

――そもそも、配信をはじめられたきっかけは何でしたか?

ちま:

実は私の旦那さんが、先に「REALITY」で配信をされていたんです。そこから「こんな面白いアプリがあるよー」って紹介してもらって「あ、これが流行りのバーチャルか!」と、あまりよく考えずにポチッと配信をはじめてみましたね。当時VTuberの存在自体は知っていたのですが、私にとっては遠い存在という感じでしたね。

それから昔からちょっと自分の声にコンプレックスがあって、なんとか克服できないかなと思ったこともデビューのきっかけかもしれません。「リスナーの方は私の声をどのように思ってくれるかな?」という気持ちもあったので。

#ちまさんちゃれんじ

【台詞】
みなさーん、こんにちまっまっま!
来てくれて、ありがとう!
のんびりまったりマイペースに
配信しております!
ちまと申します(*´꒳`*)
よろしくお願い致します!
バイバーイ!( ゚д゚)クワッ

アレンジ可です✨
よろしくお願い致します╭( ・ㅂ・)و ))) pic.twitter.com/NHvJKmYMZV

— ちま (@chimamama_okan) February 27, 2020

――夫婦ともに活動をしているのは非常に珍しいと思います。

ちま:

「REALITY」の中には、家庭で主婦業をしながら活動されていらっしゃる方もいらっしゃるんです。育児をされながら空いた時間に配信されている方のお話も聞いたことがあります。私たちの場合は、たまに一緒に配信することもありますし、どちらか一方がリスナーとして参加していることもあります。家では「ちょっとこれから配信するから、音に気をつけてね」や「ちょっと〇〇さんの配信見に行くね」といった会話がよく交わされます。たまたま始めた活動ですが、今はもう生活の一部になっていると思いますね。

今日のひがわりちまは〜?

 寝言

【すぺしゃるゲスト】
世知辛い世界(リアル旦那さん)

20時以降の予定です。
おおおおたのしみに。゚(゚´ω`゚)゚。コワイヨー pic.twitter.com/J87rEHU8fr

— ちま (@chimamama_okan) March 12, 2020

――ちなみに初回配信はどういった雰囲気でしたか?
ちま:

とにかく緊張でしたね。勢いでポチッと押したのもありましたが、何をすればいいのか分からなくて…今の自分が見ていたら「ここはこうするんだよ!」って教えたくなるでしょうね(笑)。ただ、その時はリスナーの方々が設定などをアドバイスしてくれたおかげで助かりました。「REALITY」ではリスナーの方が配信者として活動することも多いので、皆さんよくアプリのことについてご存知なんですよね。

はじめの頃は、まだママキャラとしてちょっとキャラクターを意識した振る舞いをしていたんですが、徐々に自然体の自分のままでも配信できるようになりました。ありのままの私を受け入れてくれたり、面白がってくださったりしたことも、大変ありがたかったです。最近は「自分ってちょっと面白いんだ!」と自信が持てるようになりました。

――ちまさんにとって「REALITY」アプリの魅力はどういったものでしょうか?

ちま:

美しいグラフィックで自分専用の姿が簡単に作れますし、ギフトや身長調整など面白い機能も多く搭載されていますよね。顔の表情も色々変えられるので、配信で表情だけでジェスチャーもできちゃいそうです。YouTubeでのデビューにハードルの高さを感じている私のような人にとってはお気軽にできるアプリだと思います。スマホで操作できるので、どんな場所でも配信できる点も魅力ですね。

またリスナーさんと配信者さんの距離感がとても近くて温かい雰囲気ですね。私が皆さんを応援しようと思っていたら、逆にこっちの方が励まされることもあります。

――最後にちまさんの夢や目標あれば、お聞かせ下さい。

ちま:

ふぐの調理師免許、猟銃免許のような資格も取ってみたいですね。「なんでそんな資格とったの?」って面白がってくれるかもしれません(笑)。「主婦系の配信者さんといえば、ちまさんだよね」というイメージで覚えてもらえたら嬉しいです。今後も自分のライフスタイルに合わせた配信を続けていきたいですね。

インタビュー&執筆:ゆりいか
協力:REALITY

タイトルとURLをコピーしました