にじさんじ叶がユメノグラフィアを体験 その感想は…?

未分類
この記事は約3分で読めます。

バーチャルライバーグループ「にじさんじ」に所属するさんが、VRキャラクターコミュニケーションサービス「ユメノグラフィア」体験動画を公開しました。

ユメノグラフィア」は、いちから株式会社がプロデュースする双方向コミュニケーションサービスで、2019年12月に正式リリースされました。VR空間でバーチャルキャストと会話をしたりゲームを楽しんだりと、1対1の特別な時間を楽しめます。

さんは「ユメノグラフィア」にゲストとして参加し、キャストのころぼしまうさんと対面。VRの舞台は放課後の学校で、ころぼしまうさんは制服姿で教室の机に座っています。

ユメノグラフィアで新体験を味わってきたけどめっちゃ可愛かった。
人が目の前にいて身振り手振りで話すのってこんなに楽しいんだなって。 ユメノグラフィアとは? 「ユメノグラフィアとは、いちから株式会社が提供するキャラクター×コミュニケーションサービスです。 現実よりもほどよい距離で、1/nより親密にあなただけの体験をひとりじめ。 個性豊かなバーチャルキャラクターと、1/1の気持ち...

ころぼしまうさんによれば、「ユメノグラフィア」には現在17名のキャストが在住、30分3,300円のチケットを購入すれば1対1のコミュニケーションがとれるとのこと。また、4月1日にVR環境無しでも楽しめるPCデスクトップ版がリリース。スマートフォン向けのライト版の開発がはじまったと語りました。

さんが「ユメノグラフィアの一番の魅力は?」と質問すると、ころぼしまうさんは「距離感」と回答。ころぼしまうさんがお互いの手が触れられそうな距離まで身を乗り出し、さんが思わず身を引いて照れる姿も見られました。

また「あっちむいてほい」、「叩いてかぶってじゃんけんポン」などのゲームにも挑戦。相手の頭にハリセンを突っ込みながら遊ぶ姿には、本当にその場に2人でいるかのような臨場感がありました。ゲームに負けた罰としてころぼしまうさんはさん希望の、本を読んでいるところ、ふと気付いて叶さんの方に視線に向けて目が合うという、甘酸っぱいシチュエーションを再現しました。

ユメノグラフィア」体験を終えたさんは、「臨場感がすごかった。いろんなことをキャストがしてくれる。この人もしかして僕のこと好きなの?と思った。いい気分になった」といった趣旨の感想をまとめました。ころぼしまうさんは「1対1で話ができるので、話を聞いてほしい人もキャストに話を聞きたい人も遊べる素敵な場所。ころぼしまうでもほかのキャストでも、ぜひユメノグラフィアに遊びに来てほしい」と、リスナーにメッセージを伝えました。

ロトさんみょ~ん#まうの絵日記 pic.twitter.com/v3OaSAhPg9

— ころぼしまう🐶🌟ユメノグラフィア (@Mau_K_YG) 2020年4月20日

体験動画に対し、リスナーからは「ゲームとは違って会話が成立する感覚がすごい」「放課後のシチュエーションが良い」「VRの普及が進めばさらに発展していきそうなプロジェクト」と、好評な意見がコメントで多数寄せられました。

ユメノグラフィア体験してみたいねぇ

— 渋谷ハジメ(オワリ)@にじさんじ (@sibuya_hajime) 2020年4月21日

また、同「にじさんじ」所属ライバーの渋谷ハジメさんも「ユメノグラフィア」を体験したいと興味を示すツイートをしています。今後もにじさんじライバーとユメノグラフィアのコラボが見られるのか、注目です。

「にじさんじ」いちからが新サービスで目指すものは?体験レポ&岩永COOインタビュー | Mogura VR

「にじさんじ」いちからが新サービスで目指すものは?体験レポ&岩永COOインタビュー | Mogura VR

MoguraVR

(参考)叶公式YouTubeチャンネルころぼしまう公式Twitter

タイトルとURLをコピーしました