VR活用の遠隔操作ロボット企業と日本MSが協業、小売向けサービス提供へ

未分類
この記事は約2分で読めます。

VRやロボット技術などを開発するTelexistence株式会社(TX)は、日本マイクロソフト株式会社との協業を発表しました。本協業により、両社は小売業界向けクラウドロボティクスサービスの開発や、TXの海外事業展開における協力を行います。

TXはMSのクラウドサービスを採用、MSはTXの海外展開促進へ

今回の協業では、TXが開発を進めているAWP(Augmented Workforce Platform/拡張労働基盤)およびロボットのクラウド基盤に、日本マイクロソフトのクラウドプラットフォーム「Microsoft Azure」を全面的に採用。店舗での商品陳列や人材採用などの業務を、地理的制約を受けずに可能にする小売業界向けクラウドロボティクスサービスを開発します。

また、日本マイクロソフトが持つ小売・流通業者とのパートナーネットワークを活用し、実店舗のデジタル化や店舗間のネットワーク化などによるデジタルトランスフォーメーションの推進を支援するとのこと。

さらにマイクロソフトがグローバルで展開するスタートアップ支援の一環として、海外でのTXの事業展開を支援も行われます。主に、中国、米国市場におけるマイクロソフトの法人顧客紹介と 各地域でのMicrosoft Azureを活用したソリューションの開発に向けた連携が進められます。

(参考)Telexistence株式会社 プレスリリース

タイトルとURLをコピーしました