ARで作業を遠隔サポートする「TeamViewer」、アップデートで精度向上へ

未分類
この記事は約2分で読めます。

ARを使った遠隔サポートアプリ「TeamViewerパイロット」がアップデートされました。新型iPad Proに搭載された「LiDAR」に対応し、より正確に現場の様子を共有。作業効率の改善につなげます。

ARを使い、エキスパートが遠隔指示

「TeamViewerパイロット」は、離れた場所にいる相手のスマートフォンなどのカメラ映像を通して、矢印や手書き機能を使い指示できる遠隔サポートアプリです。ホームメンテナンスやPCのトラブルシューティング、自動車修理、製造施設の保守などでの利用が想定ユースケース。音声でのやり取りに加え、共有する画面に図やテキストを示し、現場の様子を素早く正確に伝えることができます。こうして、作業の効率化、現地へ赴く移動費の削減が図れます。

Fix real world problems with Augmented Reality and TeamViewer Pilot
Powered by Augmented Reality you can now troubleshoot issues that go beyond your screen. Help resolve any kind of equipment, machinery, and infrastructure is...

より正確な空間認識を実現

新型iPad Proの「LiDAR」は、ARの空間認識の精度を向上させるものです。LiDARスキャナーによって収集された深度情報を用い、ARでのガイドがよりリアルに空間へ反映できます。

TeamViewer社は、「TeamViewerパイロットと新型iPad Proの活用で、専門家は世界のどこにいてもバーチャルに立ち会うことができます。対象はより正確にハイライトされ、ミスや誤解を防ぐことが可能です。新型iPad ProのLiDARスキャナーは物理的な空間を認識し、(TeamViewer)パイロットが空間にある物の陰に隠れた注釈を発見したり、物体に注釈を重ねたりといったことが実現します(中略)これにより、問題を一度で解決する割合や、生産性を劇的に改善します」と説明しました。

TeamViewerパイロットはiPad Proの他、Vuzix社のスマートグラスやRealWear社のARヘッドセット、iOS/Androidの各種スマートフォンにも対応しています。利用やフリートライアルの申込は、こちらの公式サイトから。

(参考)PR Newswire

タイトルとURLをコピーしました