AR技術活用「5Gバスケチャレンジ」開催 井上雄彦イラストのタオルもプレゼント

未分類
この記事は約2分で読めます。

B.LEAGUE(公益社団法人ジャパン・プロフェッショナル・バスケットボールリーグ)」が、AR技術を活用した「5Gバスケチャレンジ」を開催します。

「5Gバスケチャレンジ」は、スマートフォンARアプリ「AR SQUARE」を使用し、試合を開催できない状況においてもファンに「B.LEAGUE」を楽しんでもらう企画です。「AR SQUARE」は実際の風景にデジタルデータを合成し、現実世界を拡張するARコンテンツが楽しめるアプリ。アイドルやキャラクターなどを拡大・縮小・回転して鑑賞したり、現実の背景や人物と一緒に写真や動画を撮影したりできます。

今回の企画では、アプリを起動すると「B.LEAGUE」選手が登場。さまざまな角度からスキルをチェックできるほか、まるで選手と並んでいるような状態での動画撮影が可能です。

また、ハッシュタグ「#5Gバスケチャレンジ」を付けてAR撮影機能で撮った動画・画像を投稿した方の中から、「B.LEAGUE」が毎週「今週の3選」を選出。選出者には、代表作にバスケ漫画「SLAM DUNK」が挙げられる漫画家・井上雄彦さんのオリジナルイラストタオルがプレゼントされます。

さらに、4月19日(日)18:00から放送の「B.LEAGUE EVERYWHERE ~スポナビ×Bリーグ スペシャル番組~」内にて、投稿動画が紹介される予定です。

「B.LEAGUE EVERYWHERE」特集ページはこちら

(参考)B.LEAGUE EVERYWHERE ニュースページ

タイトルとURLをコピーしました