味わい深い決め台詞が炸裂 VR対戦格闘「Heavens Tournament」早期アクセス版リリース

未分類
この記事は約3分で読めます。

個人ディベロッパー「InitiativeVR」開発の新作VRゲーム「Heavens Tournament」の早期アクセス版が4月16日、Steamでリリースされました。価格は税込820円。対応ヘッドセットはValve Index、HTC Vive、Oculus Rift。言語は日本語を含む14言語をサポートしています。また、4月24日午前2時までスペシャルプロモーションとして、20%OFFの税込656円で購入できます。

YouTube
YouTube でお気に入りの動画や音楽を楽しみ、オリジナルのコンテンツをアップロードして友だちや家族、世界中の人たちと共有しましょう。

味わい深い決め台詞が炸裂する、ハードコアなVR対戦格闘

「Heavens Tournament」は、三人称視点で展開されるVR対戦格闘ゲーム。個性豊かなファイターたちを操作し、ライバルとの戦いに挑みます。

InitiativeVRいわく、現実味を追求したハードコアな戦闘システムを特徴としており、単純にコントローラを素早く振るだけでは相手を倒せない、高度な戦術が試される作りになっているそうです。必殺技もそのコンセプトに準じたラインナップになっていますが、一部、非現実的なものも。一連の技は「週刊少年ジャンプ」連載の「HUNTER×HUNTER」にインスパイアされており、同作の読者、ファンであればニヤリとするネタが揃っているようです。

さらに本作は字幕以外に音声も日本語吹き替え仕様となっていますが、各キャラクターの声は日本語を話せる海外の一般Twitterユーザー、Twitchストリーマー、YouTuberが担当。それもあって、「Kami no chikara misete Ageru !(神の力、みせてあげる!)」、「Korosushikane-.(ころすしかねー)」といった味わい深い決め台詞が発せられます。

当初、リリース日は4月13日とアナウンスされていましたが、約3日ほど遅れる形となりました。事前の発表の通り、早期アクセス期間は約半年から10ヶ月の期間を予定。プレイヤーからのフィードバックを得ながらバランスを調整し、より現実味のあるシングルプレイ専用の対戦格闘ゲームへとブラッシュアップしていく模様です。

海外クリエイター制作による日本漫画をオマージュしたタイトルということで、対戦格闘ゲーム好きを問わず注目の1本です。

日本のバトル漫画への愛を感じられるVR対戦ゲームが話題に | Mogura VR

日本のバトル漫画への愛を感じられるVR対戦ゲームが話題に | Mogura VR

MoguraVR

ソフトウェア概要

タイトル

Heavens Tournament

発売・開発元

InitiativeVR

対応ヘッドセット

Valve Index、HTC Vive、Oculus Rift

プレイ人数

1人

価格(税込)

820円(Steam

タイトルとURLをコピーしました