ジュネーブ大学研究員が発表したVTuber海外論文に注目集まる

未分類
この記事は約2分で読めます。

ジュネーブ大学の研究員Ludmila Bredikhinaさん執筆の論文が、現在注目を集めています。タイトルは「Designing identity in VTuber Era」で、日本のVTuberをテーマに扱った内容です。

この論文は、4月22日から開幕予定のVR関連カンファレンス「ConVRgence (VRIC)」に向けて先行公開されたもの。前提としてVTuberと単純なアバターを(配信活動の有無などで)区別し、そこから英語圏、フランス、日本のVtuberたちが、どのように“自分自身(アイデンティティ)”を作り上げていったのかを調査。各国のVtuberが回答したアンケートを元に結果を論じる形で構成されています。

ジュネーブの大学院で人類学を学んでいます。VTuberを研究してい、Google Formでの調査に協力していただけません? https://t.co/IGZDr3yIy0#VRoid #VirtualCast #VTuber #バ美肉 pic.twitter.com/puokyebwCO

— Mila (@BredikhinaL) April 4, 2020

論文自体はこちらから確認可能です(要PDFファイルをダウンロード)。文章は英語で執筆されています。また、Ludmila BredikhinaさんはV美少女ねむさんの配信にゲスト出演し、自身の研究について紹介しています。

【English LIVE】Identities in VTuber Era - VTuber時代のアイデンティティ【NemMila】(1/2)
VR Researcher Mila (Swiss) and the 1st private VTuber Nem (Japan) are going to talk about VTuber impact to personal identities and country differences. Come ...

【English LIVE】Identities in VTuber Era - VTuber時代のアイデンティティ【NemMila】(2/2)
VR Researcher Mila (Swiss) and the 1st private VTuber Nem (Japan) are going to talk about VTuber impact to personal identities and country differences. Come ...

先日VR研究者 Milaちゃんが紹介してくれた論文「Designing identity in VTuber Era」(VTuber時代の自己認識デザイン, 3ページ)がついに完成! 私も日本のVTuber代表としてレビューさせて頂きました。 VTuberファンは楽しく英語の勉強になるのでpdfダウンロードしてみてね → https://t.co/q3PExNCjIL pic.twitter.com/BbbyWrlZ2Z

— V美少女ねむ⚡人類美少女計画 (@nemchan_nel) April 16, 2020

VTuberグループ「にじさんじ」のいちから、伊藤忠やSMEから約19億円調達 | Mogura VR

VTuberグループ「にじさんじ」のいちから、伊藤忠やSMEから約19億円調達 | Mogura VR

MoguraVR

「#Vtuberの直筆の字が見たい」が流行中 多数のVTuberが挑戦 | Mogura VR

「#Vtuberの直筆の字が見たい」が流行中 多数のVTuberが挑戦 | Mogura VR

MoguraVR

(参考)International Journal of Virtual Reality

タイトルとURLをコピーしました