もし「Apple Card」にAR機能がついたら? 海外クリエイターの映像が話題に

未分類
この記事は約2分で読めます。

アップルが提供するクレジットカード「Apple Card」にAR機能が実装されたら、どのような見た目になるのか――その“予想図”として制作された映像が話題になっています。

この映像「Augmented Apple Card」は、コンセプトアート・アーティストの Volodymyr Kurbatov氏が制作し、YouTubeに投稿したもの。投稿日は4月14日で、映像からは「Apple Card」を手に取ると、総合収支のほか、1ヵ月の収入や支出、支払い履歴などがARで表示されます。

Augmented Credit Card
There are plenty of demos that show some finance info on a card. I wanted to make it one step further and explore interactions in context. Takeaways: + Less ...

将来的には実現も?

Kurbatov氏が制作した映像はあくまでも“予想”ですが、仮にこれらの機能が実現した場合、「Apple Card」の利便性は非常に向上すると思われます。アップルはARに関する取り組みに注力しており、2020年3月に「ARKit3.5」をリリースしたほか、4月にはARアプリ開発者の募集も開始しています。

正式な発表は行われていませんが、アップルがARデバイスの開発を進めているという報告も引き続き報じられています。今回の映像のような“連動機能”が、同デバイスには実装されるかもしません。

アップル、先端ディスプレイ技術やAR/VRアプリのエンジニアを募集 | Mogura VR

アップル、先端ディスプレイ技術やAR/VRアプリのエンジニアを募集 | Mogura VR

MoguraVR

アップルが「ARKit3.5」をリリース、LiDARで精度向上 | Mogura VR

アップルが「ARKit3.5」をリリース、LiDARで精度向上 | Mogura VR

MoguraVR

(参考)Cult of Mac

タイトルとURLをコピーしました