目指すはXRコンテンツ特化のSteam? DL不要で遊べる「XR Swim」リリース

未分類
この記事は約2分で読めます。

VRコンテンツスタジオのChicken Waffleは、「WebXR」を活用するデベロッパーやパブリッシャー向けのプラットフォーム「XR Swim」をリリースしました。ユーザーは対応するブラウザから同プラットフォームにアクセスすることで、コンテンツをアプリなどの形でダウンロードすることなく、「WebXR」コンテンツを直接楽しむことができます。

「XR Swim」はWeb上のサービス。使用するために専用ソフトのダウンロードなどは必要ありません。2020年4月15日現在、 Google Creative Lab8th WallA-Frameといったデベロッパーが制作したXRコンテンツを無料で体験可能。Chicken Waffleが手掛けるコンテンツ「Baby Hands」も、後日配信される予定(有料)です。

Chicken Waffle - XR Content
Amazing games & interactive experiences! www.ChickenWaffle.com Chicken Waffle has developed a wide variety of XR content for games, enterprise and education....

「XRコンテンツ特化のSteam」目指す

現時点では、「XR Swim」で提供されているコンテンツの多くはオープンソースで、ファイルのダウンロードとカスタマイズが可能です。Chicken Waffleによれば、将来的にはマーケットプレイス機能も実装され、クリエイターがXRコンテンツを販売することも可能になるとのこと。

今回の「XR Swim」のリリースについて、Chicken WaffleのCEO、Finn Staber氏は以下のようにコメントしています。

「XR Swim」は、いわばXRコンテンツに特化したSteamです。そこに「ゲーム」や「教育」「エンタープライズ」「エンターテインメント」「WebAR」などのジャンル区分を導入しています。

また「実験(Experiments)」ジャンルでは、未完成のコンテンツでも、興味深く有用な機能が実装されている場合は、デベロッパーは当該コンテンツを公開することができます。

コロナウイルスの状況を3Dで多面的に理解できるサイト VR/ARにも対応 | Mogura VR

コロナウイルスの状況を3Dで多面的に理解できるサイト VR/ARにも対応 | Mogura VR

MoguraVR

ブラウザ向けARの8th Wall、WebVRの開発テンプレートを追加。作業時間を削減 | Mogura VR

ブラウザ向けARの8th Wall、WebVRの開発テンプレートを追加。作業時間を削減 | Mogura VR

MoguraVR

(参考)VRScout

Mogura VRはVRScoutのパートナーメディアです。

タイトルとURLをコピーしました