VRoid対応のVR麻雀ゲーム「SQUARE ONLINE」リリース

未分類
この記事は約2分で読めます。

4月10日、Oculus Storeにて株式会社Code and DESIGN制作の新作VRゲーム「SQUARE ONLINE -オンライン麻雀 –」がリリースされました。価格は税込590円。対応ヘッドセットはOculus Goとなります。

YouTube
YouTube でお気に入りの動画や音楽を楽しみ、オリジナルのコンテンツをアップロードして友だちや家族、世界中の人たちと共有しましょう。

「Mリーグ」ルールを採用した、VRリーチ麻雀ゲーム

「SQUARE ONLINE -オンライン麻雀 -」は簡単操作で直感的に遊べるVRリーチ麻雀ゲーム。CPUとの対局が楽しめる1人用のほか、参加者がランダムにオンライン上に集まるフリー対局、友人同士が集まって対局するセット対局の3つのモードが楽しめます。ルールに関してはオンライン対応の麻雀としては珍しい「Mリーグ(※)」を採用。麻雀に慣れ親しんだプレイヤーのみならず、これから麻雀を覚えたい初心者もサポートしています。

※Mリーグ
麻雀のプロスポーツ化を目的に発足した、競技麻雀のチーム対抗戦ナショナルプロリーグ。

(参考)M.LEAGUE(Mリーグ)公式サイト

また、pixiv(ピクシブ株式会社)提供の3Dモデリングソフト「VRoid」(VRoid Studio)にも対応しており、オリジナルのアバターを用いてのゲーム参加も可能。ボイスチャットにも対応しているので、VTuberのイベント向けにも活用できるとのことです。さらにOculus Go版とは別にスマートフォン版(iOSAndroid)も用意。VRヘッドセットがなくても対局が楽しめます。

なお、スマートフォン版は動画広告が表示される基本無料方式です。また、iOS、Android版のストアページによれば、リリース直後の関係で現時点ではプレイヤー数が少なく、フリー対局はマッチングしにくいため、友人同士でのプレイが推奨されています。

ソフトウェア概要

タイトル

SQUARE ONLINE -オンライン麻雀 –

発売・開発元

Code and DESIGN

対応プラットフォーム

Oculus Go、iOS、Android

プレイ人数

1~4人

価格(税込)

590円(Oculus Store)、無料(iOSAndroid

公式サイト

SQUARE ONLINE
VR対応のオンライン麻雀ゲーム「SQUARE ONLINE」公式サイトです

(参考)SQUARE ONLINE公式サイト

Copyright 2019 Code and DESIGN inc.

タイトルとURLをコピーしました