外出できなくても化粧品は売れる? “バーチャル・トライオン”に注目

未分類
この記事は約2分で読めます。

新型コロナウイルス流行拡大で消費が冷え込む中でも、様々な工夫で業績を維持したり、売上の低下を防いでいる企業もあります。

一部のアナリストは米国の化粧品販売会社、Ultaに注目しています。同社はARを活用した「バーチャル・トライオン」を導入しており、外出せずとも自分の顔で化粧品を試すことができます。これは新型コロナウイルスの感染防止のために必要な「Social Distancing(他人との距離を保ち、接触を避けること)」を維持しつつ、実店舗の体験をオンラインでも可能にしています。

こうした「バーチャル試着」「バーチャルメイク」の導入はすでにYouTubeやAmazonなどでも行われており、ARで口紅の色を試せる機能が搭載されています。

YouTubeに"バーチャルメイク"機能が導入、Amazonや小売大手も参入 | Mogura VR

YouTubeに"バーチャルメイク"機能が導入、Amazonや小売大手も参入 | Mogura VR

MoguraVR

アマゾンがAI・AR活用の「バーチャルメイク」機能を導入 | Mogura VR

アマゾンがAI・AR活用の「バーチャルメイク」機能を導入 | Mogura VR

MoguraVR

「VRショッピング」「AR試着」流行の兆しか

新型コロナウイルスの衛居を受け、様々なビジネスや購買行動が変化しつつあります。ショッピングにおける事例は、こちらの記事でも紹介しています。

コロナ流行受け"VRショッピング"、1000人規模の採用も | Mogura VR

コロナ流行受け"VRショッピング"、1000人規模の採用も | Mogura VR

MoguraVR

(参考)Market Watch

タイトルとURLをコピーしました