XR開発スタートアップが1200万円調達、内部体制強化へ

#ホロの試練
この記事は約1分で読めます。

法人向けXRソリューションを開発する株式会社ホロックスは、総額1200万円の資金調達を実施しました。調達した資金はR&Dやマーケティング、内部体制強化に活用する予定です。

今回の調達は第三者割当増資および新株予約権によるもの。引受先はEast Ventures、Skyland Ventures、iFundです。

遠隔地の人物を投影するシステム等を開発

ホロックスは、スクリーンの背面から映像を投影する「リアプロジェクション」用いたサービスを開発する企業です。同社の「Holo-X Vセールス」は、ガラスに遠隔地の人物を等身大で投影。窓口業務やカウンター業務などにおいて、専門人材を外部から供給できるようになります。

(参考)株式会社ホロックス プレスリリース

タイトルとURLをコピーしました