「ソード・オブ・ガルガンチュア」 自動生成マップやPvPなど追加を発表

未分類
この記事は約2分で読めます。

VRアクションゲームソード・オブ・ガルガンチュアが、2020年の開発ロードマップを発表。アドベンチャーモードの大型アップデートやオンラインラウンジ、PvPモードなどが、今後のアップデートで予定されています。

「ソード・オブ・ガルガンチュア」は剣や盾などを使い、巨大な敵ガルガンチュアに挑むアクションゲームです。これまでの大型アップデートによりアドベンチャーモード「テサラクト・アビス」が追加され、Oculus Quest版のリリースやPlayStation VR(PSVR)版の発表も行われました。

2020年は、春にModモード(β版)とオンラインラウンジ、夏にPvPモード「デュエル・オブ・ガルガンチュア」(仮称)、秋に大型アップデート 「オーパーツ・ラビリンス」が追加予定です。

アップデート内容

2020年 春 Modモード(β版)

Modモードでは、プレイヤーの移動速度や攻撃力などのゲーム内パラメータの変更や、自分だけのステージを生み出せます。作成データは他のユーザーとも共有が可能。PC VR版ではα版がリリースされており、β版ではOculus Questも対応とのこと。(PSVR版は非対応)

2020年 春 オンラインラウンジ

オンラインラウンジは、最大10人のプレイヤーが交流できる新エリアです。ボイスチャットや新機能「エモーション」(表情や定型文)を使ってコミュニケーションを取れます。またその場にいるプレイヤー同士でパーティーを組んで、各ステージへの挑戦も可能です。

2020年 夏 PvPモード「デュエル・オブ・ガルガンチュア」(仮称)

VR対戦格闘「デュエル・オブ・ガルガンチュア」(仮称)β版は、目の前の存在が“本物の人間”だからこそ感じられる緊張と駆け引きを実現した、本格的な対戦格闘ゲームです。「ソード・オブ・ガルガンチュア」内のコンテンツとして統合され、ロビーやオンラインラウンジから対戦相手を見つけて対戦できます。

2020年 秋 大型アップデート 「オーパーツ・ラビリンス」

「オーパーツ・ラビリンス」とは、「ラビリンス」と呼ばれる自動生成されたマップを舞台に、隠されたオーパーツを入手していく大型アップデートコンテンツです。最大4人でラビリンスへ潜入し、迷宮内を探索して隠されたオーパーツを集め、オーパーツを使用し新たなボスやエネミーに対抗するための手段を得ていきます。

(参考)株式会社よむネコ プレスリリース

タイトルとURLをコピーしました