VR展示会「バーチャルマーケット4」4月末に開催!規模拡大で12日間連日

#ホロの試練
この記事は約2分で読めます。

VR上の展示会イベント「バーチャルマーケット4」が、2020年4月29日(水・祝)から5月10日(日)までの計12日間にわたって開催されることが発表されました。前回からさらに規模が拡大され、会場エリアは41会場、出展企業は35社、一般クリエイター1400サークルが出展予定です。

「バーチャルマーケット」は、ソーシャルVRサービス「VRChat」上にて開催される、3Dモデル等の展示・即売会イベントです。2018年8月に第1回、2019年3月に第2回が開催され、2019年9月に開催された第3回は延べ来場者数にして約71万⼈、出展者数は約600ブース、協賛企業社数は30社となりました。

イベントでは、会場に展示された3Dアバターや3Dモデルなどを自由に試着、鑑賞、購入できます。そのほか、アバターに装着できるアクセサリーや衣装、バーチャル空間上の家や部屋など、さまざまなアイテムが出品されます。

企業ブースは未来の都市を形にした会場に

バーチャルマーケット4の会場は、「企業出展会場」と「一般クリエイター出展会場」の2つの会場に分けられます。企業出展会場となる「パラリアルトーキョー」は、東京都のランドマークである東京タワーや歌舞伎座、東京スカイツリーなどを模した建造物が存在しています。ここでは建物を眺めたり、建物内に入って遊んだりすることができるそうです。

一方、一般クリエイター出展会場は、6つの異なる世界観で構成された会場です。SFや和風、童話の世界のような会場など、それぞれ個性的なワールドとなっています。会場の詳細は公式サイトから確認できます。

YouTube
YouTube でお気に入りの動画や音楽を楽しみ、オリジナルのコンテンツをアップロードして友だちや家族、世界中の人たちと共有しましょう。

(参考)有限会社フナコシステム プレスリリース

タイトルとURLをコピーしました