VRバトロワゲー「Virtual Battlegrounds」登場、4月8日にリリース

#ホロの試練
この記事は約2分で読めます。

1年以上前より、CyberDreamが制作中のVRバトルロワイヤルゲーム「Virtual Battlegrounds」。その早期アクセス版がSteamで4月8日リリース予定であることが発表されました。

YouTube
YouTube でお気に入りの動画や音楽を楽しみ、オリジナルのコンテンツをアップロードして友だちや家族、世界中の人たちと共有しましょう。

対応ヘッドセットはValve Index、HTC Vive、Oculus Rift、Windows Mixed Reality。Steamではストアページが開設されているほか、ローンチトレイラーも公開されています。

「PUBG」スタイルのゲームをVRで

「Virtual Battlegrounds」は、PUBGこと「PlayerUnknown’s Battlegrounds」スタイルのゲームプレイをVR空間上で再現することを目指したタイトル。24人の参加者間で、約4平方キロメートルのマップを舞台に生き残りをかけた死闘に挑みます。

全武器の動作、銃弾発射後の弾道に至るまで、物理挙動に基づく演算処理が施されており、リアリティのある操作感を実現。相手から投げ渡された弾倉をキャッチして装填したり、ナイフを上に投げて持ち方を変えるなど、本物さながらの細かいアクションが楽しめます。また、そのような仕組みから、コントローラも大きめに振り回すことになるものと思われます。

ゲームモードもメインのバトルロワイヤルに加え、プレイヤーのスキル強化を図ることに焦点を当てた6種類のシングルプレイヤーモード、協力型のトレーニングモードのほか、射撃練習場、BOTを相手にするPvEモードを収録しているとのことです。

このほか、VRゲームの配信ツール「LIV」もサポートしており、実況動画の作成、ライブ放送を行いたいプレイヤーもフォロー。さらにCyberDreamいわく、Oculus Link接続によるOculus Questでのプレイも問題なく動作することを確認しているようです。

早期アクセス版の形になりますが、今後、VR版PUBGとしてその立ち位置を確実なものにしていくのか、動向が注視されます。また、VR空間で本格的なバトルロワイヤルを楽しみたいプレイヤーには必見のタイトルと言えるでしょう。

ソフトウェア概要

タイトル

Virtual Battlegrounds

発売・開発元

Spiral Summit Games / CyberDream

対応ヘッドセット

Valve Index、HTC Vive、Oculus Rift、Windows Mixed Reality

プレイ人数

1~24人

(参考)VRFocus

タイトルとURLをコピーしました