拡大する“VRトレーニング” 米企業が32億円調達、実施事例は150万件以上

#ホロの試練
この記事は約2分で読めます。

VRを利用したトレーニングシステムを開発するStrivrは、シリーズBラウンドで3,000万ドル(約32億円)の資金調達を行いました。これにより、同社の総投資額は5,100万ドル(約55億円)に。今後も、企業でのVRトレーニング採用の拡大を狙います。

スポーツ訓練から企業研修へ

Strivrは、教育や研修に用いるVRプログラムを開発しています。同社は当初、スポーツ訓練向けの技術を手掛けていました。例えば2018年韓国平昌での冬季オリンピックに際し、アメリカのスキー&スノーボード全国団体のハイパフォーマンス部門と提携を結んでいます。その後、近年は企業での従業員教育向けVRプログラムに注力。ウォルマートやVerizon、Fedexのグループ子会社等、幅広い業界にソリューションを提供してきました。

世界最大の輸送会社FedEx、研修にVRを活用 学習効率や離職率改善に効果 | Mogura VR

世界最大の輸送会社FedEx、研修にVRを活用 学習効率や離職率改善に効果 | Mogura VR

MoguraVR

ウォルマートCEO、銃乱射事件に対するVR訓練の有用性を認める | Mogura VR

ウォルマートCEO、銃乱射事件に対するVR訓練の有用性を認める | Mogura VR

MoguraVR

150万セッション以上のVR訓練実施

今回の出資には複数のベンチャーキャピタルが参加し、Strivrの累計調達額は5,100万ドル(約55.1億円)にのぼります。

同社CEOのDerek Belch氏は、以下のように述べています。

当社の顧客ではこれまでに、150万以上のVRトレーニングセッションが行われ、2万2,000台以上のヘッドセットが導入されてきました。Strivrは世界で唯一の、従業員教育とパフォーマンス改善に効果のあるエンドツーエンドソフトウェアプラットフォームを開発しています。

(参考)Road to VR
Mogura VRはRoad to VRのパートナーメディアです。

タイトルとURLをコピーしました