ARで“空間にメモ”できる業務向けアプリ、LiDARにも対応

未分類
この記事は約2分で読めます。

株式会社エム・ソフトは、検査や点検箇所をARで記録、可視化するARアプリ「Pinspect」の新バージョンをリリースしました。平面図では分かりにくかった指摘箇所(ピン)の高さ情報がひと目で分かる3D表示機能などの新機能の追加や、新型iPad Proに搭載された「LiDAR」にも対応しています。

「Pinspect」は、建物の検査や、設備の点検メンテナンス、住宅診断等における写真整理を効率化するARアプリ。現場空間の床や壁を検出し、その場にARでデジタル付箋(ピン)を貼ることができます。

また、ピンにはテキストメモと写真を追加することができるため、これまでバラバラに管理されていた「対象箇所の位置情報」と「写真」「メモ」をタブレットやスマートフォンだけで管理することが可能になります。

ピンの高さを確認できるように

新バージョンでは、「ピンの3D表示機能」が追加。従来は2Dの平面図を前提としていたため、「高さ」情報を確認することができませんでしたが、これにより記録した3次元座標を基にピンの位置を図面に自動反映できます。

また、「LiDAR」搭載の新型iPad Proにも対応しています。「LiDAR」は「Light Detection And Ranging」の略で、光を使って距離や深度を測定することが可能です。これにより空間認識の精度が向上、さらにハイクオリティなARを実現します。

なお、BIMなど他データとの連携機能については、現在個別対応で開発が進められており、順次公開していく予定とのことです。

(参考)株式会社エム・ソフト プレスリリース

タイトルとURLをコピーしました