【ポケモンGO】ウソッキー登場の新イベント、開催メタモンの仕様変更も

#ホロの試練
この記事は約2分で読めます。

スマートフォン向けARゲーム「ポケモンGO」の公式サイトで、モンスターボールに似ている「タマゲタケ」や、木のまねをしている「ウソッキー」などに遭遇できる、新イベントの実施が告知されました。

今回のイベントでは、「ゴース」「ゴースト」「ビリリダマ」「タマゲタケ」「ウソッキー」「エイパム」「グレッグル」といったポケモンがいつもより多く出現するほか、低確率で色違いの「ウソッキー」と「グレッグル」も登場します。

公式発表によれば、期間中は、5kmタマゴと「フィールドリサーチ」のリワードから「マッギョ」(初登場)が現れるとのこと。同ポケモンは低い確率で、野生でも出現します。5kmタマゴからは、このほかにも「ソーナノ」「ウソハチ」「マッギョ」「グレッグル」「エイパム」といったポケモンが、いつもよりも高確率で孵化するようになります。

「マッギョ」はイベント終了後、5kmタマゴから孵化しなくなりますが、野生(低確率)と「フィールドリサーチ」リワードでは、継続して出現します。

イベント限定の「フィールドリサーチ」のタスクも実装されます。タスクをクリアすることで、「ウソッキー」「グレッグル」「マッギョ」が出現します。

メタモンがより多くのポケモンに変化

今回のイベントでは「メタモン」がいつもより多く登場します。また「メタモン」が以前よりも多くのポケモンに変身するように。この変更はイベント終了後も継続します。

©2019 Niantic, Inc. ©2019 Pokémon. ©1995-2019 Nintendo/Creatures Inc. /GAME FREAK inc.

(参考)ポケモンGO 公式サイト

タイトルとURLをコピーしました