VRサービス「バーチャルキャスト」、新型コロナ受けビジネス版1ヶ月無償開放

未分類
この記事は約1分で読めます。

株式会社バーチャルキャストは、法人を対象とした「バーチャルキャスト ビジネスエディション」を1ヶ月のあいだ無償開放します。新型コロナウイルスの感染拡大に伴う各種イベント自粛の流れを受けたもので、インターネット番組や各種オンラインでの活用の支援を目的としたものです。

ビジネスエディションを4月いっぱい無償開放

バーチャルキャストはニコニコ生放送などの配信サービスを介し、誰でも好きなバーチャルキャラクターになりきってコミュニケーションができるVRサービスです。

ビジネスエディションでは、コンシューマー向けの機能に加えて、カメラマン専用モード/透明人間ADモードや、モデルデータのローカル読み込み機能が使用できます。今回の無償開放は、法人、並びにに法人所属のVTuber(法人の商用利用)を対象に、3月31日から4月30日まで実施されます。

また、バーチャルキャストは「『ビジネスエディション』を利用してVTuber番組の制作や収録を希望される企業に、制作や配信サポートが可能な制作会社の紹介を積極的に進めていく」とコメントしています。申し込みはこちらです。

(参考)株式会社バーチャルキャストは プレスリリース

タイトルとURLをコピーしました