DMMと東京大学がVR空間のUIを共同研究、新しいVR体験を開発

未分類
この記事は約2分で読めます。

合同会社DMM.comは、VR空間におけるインタフェースを最適化することを目的として、東京大学バーチャルリアリティ教育研究センター(VRセンター)と共同研究を開始しました。DMMとVRセンターは、科学的に定量解析・評価するための手法を確立することにより、VR空間のユーザーインターフェースの最適化の研究を行います。

2018年よりVR研究室を設置、リサーチを継続

DMMでは2018年よりVR研究室を設置し、VR領域を始めとしたxR領域におけるリサーチと開発を行っており、VRシューティングゲーム「BOW MAN」などをリリースしています。

一方VRセンターでは、VR分野を担う人材の育成と、VRを活用した教育システムの普及を目的とし、人間の知覚と心理についての基礎研究やVRの要素技術研究、VR応用システムおよび、VRアプリケーションのユーザーインターフェース等の研究開発を行っています。

VR空間におけるUIの習熟・没入度に着目

今回の共同研究のテーマは、「VRシステムの評価及び最適化手法の提案」です。DMM VR研究室が有する「BOW MAN」などのVRサービスでのデータ解析。VRセンターとの連携により、インプット方式やアバターの表示など、VR空間におけるユーザーインターフェースへの習熟・没入度などに着目します。

今後、DMMは「今回の研究を踏まえ、新しいVR体験の開発に努めていきます」とコメントしています。

(参考)合同会社DMM.com プレスリリース

タイトルとURLをコピーしました