VR体験でうつ病治療、国立研究機関らが共同開発を開始

#ホロの試練
この記事は約2分で読めます。

株式会社ジョリーグッドは、うつ病患者を対象とした認知行動療法(CBT)をベースにしたVRの検証を国立精神・神経医療研究センター認知行動療法センターと共同で開始します。ジョリーグッドのVRコンテンツをうつ病患者に体験してもらい、VRと認知行動療法を組み合わせたさまざまな技術的解決を検討します。

認知行動療法は、認知に働きかけて気持ちを楽にする精神療法の一種です。うつ病治療において、認知行動療法は第一治療選択の一つで、軽症の状態に対しても適用が推奨されており、幅広い対象に適用が可能とされています。

VRを活用して患者に有効な空間要素を検出

本研究は、うつ病患者複数名を被験者対象として、ジョリーグッドが持つ「ポジティブ感情を喚起するVRコンテンツ」を数パターン体験してもらうというもの。将来的には、VR体験中の視認行動と生体情報(バイタル測定)、アンケート評価を連携解析することで、うつ病患者の感情喚起(行動活性化)に有効な空間要素を検出する予定とのことです。

加えて、これらVRの空間要素と感情喚起の相関パターン化の精度をAIによる機械学習を重ねることで向上させ、VRによるうつ病評価とその疾患レベルに対する「VRコンテンツの調合」を自動化することを目指す、としています。

ジョリーグッドは、VR内の行動解析により精神疾患レベルを自動評価し、それに適したVRコンテンツを自動調合する「VR診断コンテンツ調合システム」の特許を2020年2月に出願しています。

(参考)株式会社ジョリーグッド プレスリリース

タイトルとURLをコピーしました