中国ファーウェイ、スマートグラスの新モデルを発表

#ホロの試練
この記事は約2分で読めます。

中国の大手通信機器メーカーHuawei(ファーウェイ)は、スマートグラスの最新モデルを発表しました。「HUAWEI X Gentle Monster Eyewear」と名づけられたこのデバイスは、主にオーディオ機器としての使用を想定しています。


(ファーウェイの発表会にて。スクリーン右にスマートグラスの新モデルが)

デザインにこだわりのあるスマートアイウェア

ファーウェイのスマートグラス「HUAWEI X Gentle Monster Eyewear」は2019年3月に発表。韓国のメガネブランドGentle Monsterと提携して開発されました。デザインはレンズがクリアな眼鏡型と黒色のサングラス型の2種類で、いずれも通常の眼鏡やサングラスと見まがうような外観をしています。

このスマートグラスはオーディオ機器としての使用が想定されており、デュアルスピーカーを搭載。マイクロフォンにはノイズリダクション機能もあります。つる部分をタップすることで、再生や一時停止の操作が行えます。既存モデルのウェブサイトによれば、バッテリー寿命は待機状態で最大20時間、音楽再生やスマートフォン通話のスピーカーとしての使用時には約2.5時間といのこと。

春夏モデルがお披露目

3月26日、Huaweiはスマートフォンの新シリーズP40を公開。その席上で同時に紹介されたのが、スマートグラスの2020年春夏モデルです。同社はあらゆるシーンで使える製品のラインナップを拡充し、消費者のデジタルライフを豊かにすると謳っています。

(参考)Huawei PressGentle Monster Eyewear

タイトルとURLをコピーしました