みなかぜアメ、“ASMR”VTuberグループ「あいすらぼ」に加入

#ホロの試練

博多弁VTuber(バーチャルユーチューバー)のみなかぜアメさんは、VTuberグループあいすくりーむまっどらぼ(あいすらぼ)への加入を発表しました。

みなかぜアメさんは、2019年に活動を終了したそよかぜアメさんを引き継ぎ、新たな名前と魂、3Dモデルで活動を開始したVTuber。そよかぜアメさんと同じく、バイノーラルマイクによるASMR配信を得意としています。

【緊急速報】
新たなゾンビの正体が判明しました!
その正体は…

みなかぜアメさんです。
バイノーラルVtuberとして活躍していた彼女がより一層あいすらぼを盛り上げてくれることでしょう!

本日25時より
みなかぜアメによる生配信が行われます。
ぜひ、新たな仲間の初陣を見守ってください! pic.twitter.com/o1RXuRX2u8

— あいすらぼ⚰ASMR@4日目/西R-01a (@Zombie_ASMR) 2020年3月23日

今回みなかぜアメさんが加入する「あいすらぼ」は、メンバー全員がASMR配信を行っている個人VTuberグループ。まどろみもあさん、 ヘル様せいかみちさん、灰宮けいさんが参加し、同人音声作品などを展開しています。

【大切なお知らせ】
アメちゃんの気持ちをお手紙に書いたよ☔ pic.twitter.com/FMUpRYBZSy

— みなかぜアメ☔ (@Ame_Minakaze) 2020年3月23日

みなかぜアメさんのTwitterによると、「あいすらぼ」は先代のそよかぜアメさんとともに、デビューする前からサポートをしてくれていたそうです。昨今YouTube上での規制が厳しい中、ASMRに真剣に向き合うグループであったため、一緒にASRMの未来を明るくしたいという思いから加入を決意したと述べています。

ASMRや歌などの基本的な活動は変わらず、それに加えてコラボやイベント、音声作品などの活動がパワーアップするとのこと。みなかぜアメさんは、ファン(アメフレ)のためにもっと頑張りたい、活動の幅を広げて楽しませたいという思いが、決断の後押しになったと語っています。

(参考)みなかぜアメ 公式Twitter