アイスランドを散歩して自然を楽しむ VRウォーキングシミュレーター「Myrdalssandur, Iceland」配信中

未分類
この記事は約2分で読めます。

海外アーティスト・Matt Newell氏制作のウォーキングシミュレーター「Myrdalssandur, Iceland」が3月7日よりSteamで配信中です。価格は無料ですが、VR対応版は有料ダウンロードコンテンツの関係で税込500円。対応ヘッドセットはValve Index、HTC Vive、Oculus Rift、Windows Mixed Realityです。Steam以外ではitch.ioでも配信中で、こちらのVR版は4ドルからの任価設定となります。

YouTube
YouTube でお気に入りの動画や音楽を楽しみ、オリジナルのコンテンツをアップロードして友だちや家族、世界中の人たちと共有しましょう。

「Myrdalssandur, Iceland」は、アイスランドの南海岸をモチーフにした山岳河川地を散策するウォーキングシミュレーター。心地よい音楽と足音を始めとする環境音が流れる中、好きなだけ散歩を楽しむ形となります。

これと言ってストーリーなどの明確な目的はなく、どこまで散歩して止めるかは自由。また、特定の場所でカメラが手に入り、以降、写真撮影が楽しめるようにもなります。制作には「Unreal Engine 4」を用いており、特にグラフィック周りでその真価が発揮されています。

京都・伏見稲荷大社を散策する前作もアップデートを実施

今回の「Myrdalssandur, Iceland」は、同じくMatt Newell氏が制作したウォーキングシミュレーターで、京都・伏見稲荷大社を散策する「Explore Fushimi Inari」に続く新作となります。こちらもSteamitch.ioで配信中。価格もVR版のみ有料で、Steamでは税込520円、itch.ioは4ドルからの任価式となります。

YouTube
YouTube でお気に入りの動画や音楽を楽しみ、オリジナルのコンテンツをアップロードして友だちや家族、世界中の人たちと共有しましょう。

なお、今回の新作配信と同時に「Explore Fushimi Inari」も大型アップデートを実施。特定の条件を達成することで、秋雨の環境設定ができるようになりました。トレイラーも公開されていますので、どのような感じか確かめたい際は参照ください。

ソフトウェア概要

タイトル

Myrdalssandur, Iceland

発売・開発元

caves rd(Matt Newell)

対応ヘッドセット

Valve Index、HTC Vive、Oculus Rift、Windows Mixed Reality

プレイ人数

1人

価格

無料
※VR版は有料:500円(Steam)、4ドル以上(itch.io

タイトルとURLをコピーしました