開催延期のGDC 2020、3月16日から講演を無料配信

未分類
この記事は約2分で読めます。

世界最大のゲーム開発者会議GDC(Game Developer Conference)から、今年のGDC 2020に関するアップデートが公開されました。3月16日からのカンファレンス期間及びその終了後にも、講演の大半を無料で配信します。

コロナウイルス流行で開催を延期

毎年3月に開催されているGDC。2020年は、コロナウイルスの影響で複数の企業が出展中止を表明。最終的に主催者側も同年夏頃への延期を発表しました。

ソニーとOculus、GDCへの出展をとりやめ コロナウイルスへの懸念で | Mogura VR

ソニーとOculus、GDCへの出展をとりやめ コロナウイルスへの懸念で | Mogura VR

MoguraVR

今年のGDCは開催延期、コロナウイルスの影響で | Mogura VR

今年のGDCは開催延期、コロナウイルスの影響で | Mogura VR

MoguraVR

そして今回、従来の開催期間である3月16日から20日にかけて、講演のストリーミング配信を行うことが正式にアナウンスされました。音声録音の形式で、午前9時から午後5時(日本時間3月17日午前2時から3月21日午前10時)にすべて無料で配信するとのこと。

またIndependent Games Festival及びGame Developers Choice Awardsの表彰式は、3月18日午後5時(日本時間3月19日午前10時)にGDCのTwitchチャンネルで配信します。

期間後もコンテンツ追加予定

さらに講演はGDC Vaultで公開する他、大半はGDCのYouTubeチャンネルで公開を予定。カンファレンス期間終了後も、数週間から数カ月間視聴可能となる見通しです。なおカンファレンス期間後も講演者によるプレゼンテーション投稿が可能なため、無料コンテンツはさらに増えると言います。

ストリーミング配信の詳細は、公式ウェブサイトにて3月13日に公開を予定しています。

(参考)GDC

タイトルとURLをコピーしました